2007年03月11日

二夜連続 の 音楽会 紀尾井ホール と オペラシティ へ

金曜日 土曜日と、二夜連続音楽会 でした。

■ 3月9日金曜日
『 樫本大進 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル 2007 』
紀尾井ホール

■ 3月10日土曜日
『 硲美穂子 & 竹内永和 デュオコンサート 』
オペラシティ近江楽堂

樫本大進くん は、10年前に ロン・ティボーコンクールで 最年少優勝した時から、ずいぶん たくさん 聴いています。
コンチェルト、ピアノ伴奏でソロ、カルテット などなど。
そして 今回 始めての 無伴奏 でした。

今回は 2階バルコニー席 からの 鑑賞です。
ここから ヴァイオリンを 聴くのは 初めてでしたが、この席、とても ラッキー でした!

音が 全部 上に 抜ける。
ヴァイオリン独特の 弦がこすれる音や、ボーイングで 発せられる音 ―正面の 座席からは おそらく 聴こえない音― まで すべて 聴こえる。

おまけに、正面で聴く時には 見えていない 意外な からだの 動きまで 全部 見えるのです。
「 腕は こんなにも 激しく 動かしていたのねー。 」
「 頭の 動きも、本当は こんなに 激しかったのねー。 」
「 力の 入れ具合は、こんなふうだったのねー。 」
力を 入れて 弾く時、靴まで ( 足まで ) 床を こんなに 踏みしめて いたのです!

そんな 舞台裏的 見方が ぜ〜んぶ、出来てしまったー!

この人の 艶のある、そして 力強い音は すごく 魅力的です。

実は、わたしの 親友が NYに 住んでいた時、大進くんと 息子さんが 同い年で 仲良しだったのです。
デビューする前から
「 NYに 一人 すごい ヴァイオリンを 弾く子が いるのよ。
ひょっとしたら、大人になったら ヴァイオリニストとして 有名になるかも しれないわ。 」
と 言っていた その子 が、実は 大進くんだった と言う訳です!

大進くんの お母様も すごく ステキな方で、いつも ホールロビーで いろいろな お客様に ご挨拶を されています。
美智子皇后 が ご臨席のときも、お隣で エスコート役を みごとに こなしていらっしゃいました。

今では、なんだか 自分の 知り合いが 有名ヴァイオリニストに なったかのような 錯覚まで 感じて 応援しております。(笑)

オペラシティへは、サロンコンサートを 企画運営 していた時に ずいぶん お世話になった ヴァイオリン と ギター の 二人の アーティストの コンサートへ。

また、今 わたくし、音楽に 関する HPつくり に 没頭しているのですが、ここでも 個人的に お世話に なったので、そのお礼も 兼ねて 出かけました。

こじんまりとした 近江楽堂 にて、ヴァイオリンと ギターの 調べは 天井の 高い 室内に 大きな残響となって 響き渡り、気持ちの良い波動を感じることが出来ました。


ちなみに、娘の 留学先には 音楽学部も あり、日本人の 留学生から、
「中間試験の ピアノの 発表会があるので 見にきて。」
と 言われて 行ったそうです。

小さなサロン または ホールを イメージして 見に行ったところ、日本の 発表会とは ずいぶんと 様子が 異なり、びっくりしてしまったとのこと。
ライトアップされた 建物 ( 発表会会場 ) が ステキです。
ちょっと きれいな 写真でしたので アップしてみます。

なんだか、皆さん お食事しているように 見えますが・・・。
遠くで ピアノを 弾いている人が いるような・・・??

P1050533.jpg

P1050535.jpg

P1050536.jpg
posted by ふじりんご at 13:38| Comment(18) | TrackBack(1) | 感性を磨く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふじりんごさん、おはようございます。
二夜連続の音楽会!もうずっと頭の中で音楽ですね、素敵、素敵。
近江楽堂・・知りませんでした。素敵なところですね。小さなコンサートとかが開かれているのでしょうか。

10年も追いかけて、聞いていらっしゃるとは。どんどん大人になると音色がまた変わるのかな。これからの成長が楽しみですねー。席の場所がかわるとほんといろんなことに気づきますよね。そういえば2階バルコニー席って、ご臨席の席ではないですかー。
以前、私も、サントリーの成人の日コンサートで、ロン・ティボーで優勝したとかのイム・ドンヒュク君のピアノに打たれたことがあります。その日の目的は万作さんだったのに。イム君のCDを買い捲りましたっけ。もっとも私のは単なるミーハー、三日坊主でしたが。
HP開設楽しみです。

Posted by fuku(ginsuisen) at 2007年03月12日 09:49
素敵な夜を過ごされたご様子。
私は、今年の夏こそたそがれコンサートに行きたいなあと思っています。(知り合いの吹奏楽団が出るんです)
Posted by くるみりす at 2007年03月12日 10:25
〜fukuさんへ〜
fukuさん、コメントありがとうございます。
追いかけ・・・。
そうか、これもやっぱり一種の追っかけですわね。
大人になってからの大進くんの成長は、これからますます社会での勉強を積んでそれが音色に現れてくるのでしょうね。
でも五嶋龍くんなど後進の追い上げも激しいので大変だと思いますわ。
イム・ドンヒュク君って、お兄さんもピアニストなんですってね。
すごい兄弟がいるものです。
まるで千住三兄弟みたい?
Posted by ふじりんご at 2007年03月12日 19:17
〜くるみりすさんへ〜
くるみりすさん、コメントありがとうございます!
たそがれコンサートですか!
いいですねぇ。
夏の夕方から夜にかけて、いい音楽を聴いて過ごすひとときって、暑さも忘れてしまいますよね。
お知り合いの吹奏楽団も、夏に向けてもう練習をスタートしているのかな?
くるみりすさんは、やっぱりクラリネットがお好きですか?
市民吹奏楽団に入って吹くのって、最高でしょうね!!
Posted by ふじりんご at 2007年03月12日 19:25
こんにちは、
オペラシティのなかに、素敵な小ホールがあるなんて知りませんでした。
いい空間ですわ!ぜひ行ってみたいです。
欧米の音楽会の楽しみ方は日本と違って、
とってもリラックスしているように感じます。
歴史が違うこともあるけど、お国柄もあるかも?
HP、楽しみにしていますね。
Posted by つきのこ at 2007年03月13日 17:25
〜つきのこさんへ〜
つきのこさん、ようこそお越しくださいました!
オペラシティ近江楽堂は、とても小さいスペースなのですが、音響が抜群なのですね。
それで、リュートやマンドリンなど音量の小さい楽器にはうってつけです。
古楽器系の音楽会が良く開かれていますよ。
ベルリンなどヨーロッパの人々の音楽会の楽しみ方は、それこそ生活に根ざしたごく自然な形のものも多いのでしょうね。
行ってみたいよ〜〜。
HP、実はもうアップしているのです!
でも未完成状態なので、ブログで宣伝するのはもう少しあとかなあと思っているところです。
もうすぐご報告しますね。
Posted by ふじりんご at 2007年03月13日 22:46
ふじりんごさん、おはようございます♪

お嬢様からの写真、素敵ですね。

我が家の娘は、この頃、写真を送ってくれません。
勉強が忙しいのでしょうから、と思い、催促などせず、我慢しています。

音楽に関するHP、私も楽しみにしていま〜す^^


Posted by piomio at 2007年03月14日 08:34
ふじりんごさん、リンク、やっと貼れました。
今後ともよろしくです。
いつか私もコンサートを近江楽堂みたいな素敵なところで聞きたいです。お能貯金のほかに、コンサート預金もしなくちゃ!
Posted by fuku(ginsuisen) at 2007年03月14日 08:42
おはようございます。
素晴らしい夜を過されましたね。
オペラシティは車窓から眺めるだけです。

「音楽に関するHP」すごいな〜。
何かに夢中になる事が若さの秘訣だわ。
Posted by ベンジャミン at 2007年03月14日 10:04
〜piomioさんへ〜
piomioさん、おはようございます!
お嬢さま、お勉強お忙しいのでしょうね。
我が娘は、3日ぐらい連休があってルームメイトも実家に帰ってしまったりすると、
「もう、英語で考えるのイヤダーっ!」
というぐらい、英語を忘れたくなるみたいです。(笑)
まだまだ半年も経っていませんのでネ。
そんな時は写真を撮りまくって、気晴らししているみたいですわ。
わたしの作っているHP、
「なんでこんなの作り始めちゃったのだろう?」
と自分で自分がわからなくなっております。(笑)
Posted by ふじりんご at 2007年03月14日 10:04
〜fuku(ginsuisen)さんへ〜
fuku(ginsuisen)さん、おはようございます!
リンクしていただきまして、ありがとうございます!
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
それにしても、お能もコンサートもお金がかかってしまうというのが、痛いところですね。
お能はもっぱら国立能楽堂の公演にして安上がりを目指しておりますが。(笑)
宮島まで出向くためにはお能貯金、ウィーンまで出向くためにはコンサート貯金が絶対に必要ですよね。
普段の公演に出向くためでさえ、チケット取ろうかどうしようか躊躇しているぐらいですから・・・。
娘の留学が無事に終わるまでは、ますますの緊縮財政を心がけまする。
Posted by ふじりんご at 2007年03月14日 10:26
〜ベンジャミンさんへ〜
ベンジャミンさん、いらっしゃいませ〜!
おんなじ時間に送信していたみたいです。(笑)
ベンジャミンさんとはよく同じ時間にPCに向かっているようですよネ!
オペラシティ、車窓から眺めるだけでなく、ぜひ一度お出かけくださいませ。
お隣の新国立劇場もステキな空間です。
わたしはコンサートのほうが多いので、圧倒的にオペラシティ側に行きますが。

>何かに夢中になる事が若さの秘訣だわ。

そうでしょうか。
まだまだ若いということでしょうか?
自分では
「いったい、わたし何やっているんだろう??」
と落ち込む時もあるのですが・・・。
でもとにかく始めてしまったHPです。
なんとかやり遂げなければ!ですっ。
Posted by ふじりんご at 2007年03月14日 10:35
ふじりんごさん、こんにちは。
樫本大進くんは、素晴らしいのですねぇ〜!
そうですか!2階のバルコニー席は いいのですネ!
大進君は今何歳ですか?

実は仙台にも今注目の 郷古廉(ごうこすなお)という1993年生まれ中学一年生の男の子がいいます。
ユーディ・メニューイン青少年国際ヴァイオリンコンクール、ジュニア部門で史上最年少で制した奏者なんです。
先日聴きにいってきました。未来への可能性を感じる素晴らしい演奏だったのです。
Posted by michiko at 2007年03月14日 15:42
〜Michikoさんへ〜
Michikoさん、こんばんは!
大進くんは、今27歳ですが、28歳の学年らしくそれも三月の末がお誕生日だそうですので、28歳になりたてか、もうすぐ28歳ってところですね。
10年前の初々しかった頃と比べると、なかなか堂々としてきましたよ。

郷古廉くんですかー。
ちょっと調べてみました。
う〜ん、確かに100年に一人の逸材なんて書いてありますよー!
写真も拝見しましたが、まだあどけない子供じゃん、って感じでまたまたビックリ。
へ〜、日本のヴァイオリン界も若い子達の層が厚いみたいですね〜。
フィギアスケート界と一緒だわ。
えっ、関係ない?  ですね。
わたしも郷古くんの演奏を早く聴いてみたいと思いました!
Posted by ふじりんご at 2007年03月14日 18:56
今晩は

久しぶりにお邪魔します。音楽会いいですね〜〜。その音色を聴いてるだけで心が洗われるような気持ちになるのでしょうね。早くそういう時間がもてるようになりたいものです。

いつも励ましのコメントくださりありがとうございます。感謝しています。新しいHP私も楽しみにしています。
Posted by このは at 2007年03月15日 23:46
〜このはさんへ〜
このはさん、いらっしゃいませ〜!
お忙しいのにようこそお越しくださいました。
音色を聴いているだけで心が洗われるような音楽会は、そうなかなかは見つかりませんね。
そのような音楽会に出会うときは、身も心も大変充実させ、元気いっぱいで頭もしっかり働いている時かもしれません。
お疲れの時は、お家でゆっくりとお風呂に入って、ぼんやりテレビでも見ながら頭は一切使わない・・・という方法が案外一番かもしれませんね。
どうぞゆっくりお休みくださいませ。
Posted by ふじりんご at 2007年03月16日 14:38
こんばんわ〜
コンサートでよい音楽 よかったですね
わたしもいってみたくなります
ふじりんごさんの解説もいつも表現豊かで
魅力的です
HPがんばっておられるのも 楽しみにしています

Posted by かどのおばちゃん at 2007年03月16日 23:17
〜かどのおばちゃんさんへ〜
おはようございます!
おばちゃんもヴァイオリンのコンサートなどお聴きになりますか?
自分が練習する時のちょっとしたヒントが見つかることも、たま〜にありますね!
おばちゃんご自身も、もうすぐ結婚式でヴァイオリン演奏なさるのですよね。
おばちゃんの演奏を聴いて、披露宴に列席なさる人たち皆が幸せになれますように、お祈りしていま〜す!
Posted by ふじりんご at 2007年03月17日 10:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35704716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

高嶋ちさ子/クラシカル・セレクション~高嶋
Excerpt: とあるきっかけで購入したのですが、このCDを聴いてクラシックに目覚めました。特に、アヴェ・マリア(カッチーニ) は涙が出るほど感動します。高嶋さんの本気さが伝わってきます。親しみやすい選曲ですし、クラ..
Weblog: ヴァイオリンをたくさん集めました
Tracked: 2007-10-06 05:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。