2007年07月26日

茶箱・卯の花 と 茶の湯英会話

昨日は お茶 の お稽古 でした。

梅雨明け かと 思われた 暑い 晴天 の 中、
友人、わたし、そして 師匠 である 母 と、
全員 が 着物姿 で 集合 しました。

本日 の お稽古 は
茶箱・卯の花拝見有り




茶箱 は 好きな お稽古 です。
コンパクト な 箱 の 中 に、一切 の 茶道具 を 入れて、
どこへでも 持ち運んで お点前 が 出来る という 手軽さ が、好き です。

また、美しい 名称 も ステキ です。

夏 の 季節 の 「 卯の花点前 」
冬 は 「 雪点前 」  
秋 の 「 月点前 」 
そして 春 の 季節 は 「 花点前」

「 拝見あり 」 は、お棗お茶杓 の 拝見 に 加えて
茶筅筒茶巾筒振出し、から 茶箱 の ふた本体 と 
拝見 するもの が たくさん ありますから、
拝見なし 」 に 比べると、ぐっと 難しく なります。

ほどよい 緊張感 が ありまして、
けっこう 頭 を 使っている 感じ が します。 (笑)

それ が 証拠 に、
今回 は、写真 を たくさん 撮ろう と 思って 、
茶花 も、お菓子 も、茶箱 も、ぜ〜〜んぶ、写す 予定 でしたのに
いざ 始まると、カメラ を 取り出すこと すら、すっかり 忘れて おりました〜。 (苦笑)


そのあと、お稽古 終了後、着物 を 着たまま、茶の湯英会話 に 突入 です!


80歳 に なる 母 は、戦時中、英語 を 習うこと が 出来なかった 世代 です。
父親 ( わたくし の 祖父 ) は、戦前、長らく アメリカ に 渡っていた 人 なのですが、
その 影響 が あるのか、
はたまた 学校 で 「 英語 = 敵国語 」 を 禁止されて、習うこと が 出来なかったから か、
よほど 残念 だった か、無念 だったのでしょう。

ずっと、英語 が やりたい、英語 が やりたい、 と 言い 続け、
孫たち が ずいぶん と 成長した頃 に なって、
ついに、英語 の 勉強 を 始めたのです。

ほとんど 独学 です。
中学生 の テキスト を 買ってきて、
NHKラジオ を せっせせっせ と 聞いて、
広告 の ウラ に スペル を いっぱい 書いて、

そのうち、裏千家 から 出版 されている 英語 の 本 を 買って
茶の湯英会話 』 や 『 茶席 で 話す 英会話 』 など を 丸暗記して、
( なにせ、文法 は からきし ダメ みたいです。無視 を 決め込んでいます。 )

ついには、英語 で お茶 を 教えるように なったのです!
関西在住中 は、カナダ から の 留学生 に、カタコト の 英語 で
しかし、堂々 と お茶 を 教えていた と いいますから、驚き です。

お茶 の 英語 が 楽しくって たまらない とか!!

お茶 に 関して は 一応 プロ ですから、カタコト英語 でも、堂々 と したもの です。
しかし、一般英会話 と なると、まるで できない。
この 落差ったら!!

つまり 会話 の キャッチボール と いうわけ では なく、
一方的 に、英語 で 説明 する、と いう スタイル のよう です。


関東 に 引っ越して きてから も、英語 が やりたい、英語 が やりたい と 言い続けます。
そこで、NY在住 だった 友人 が、お茶 の お稽古 が 終わった あと、
今度 は 先生 に 早や変わりして、英会話 の レッスン が スタート するよう に なったのです。

80歳 ですから、今さら 普通 の 英会話 には あまり 興味 を 示さず、
どうしても お茶がらみ で やりたい みたいです。
しかし、まだ お点前 が さほど おぼつかない 我々 が、
英語 で お点前する と いうのも、どう 考えても ムリ が あります。

そこで、
茶 の 心 」 を 中心 に、

・和敬静寂 に ついて 
・お抹茶 が できるまで 
・お道具 の 素材 
・作法 や お点前 の 意味 
・お茶 の 精神性 に ついて  などなど

を、会話文 の 内容 から 学んでいます。

わたくし は、半分 付き合い、半分 傍観者。
ちょっと 台所 の 用事 に 立ったり、お紅茶 を 入れたり・・・。

もう1グループ、別 の 日 に お稽古 に 来ている 人 の うち、
米国留学経験者 とは、カタコト英語 を 使って お点前らしきもの を しているらしいです!!

来週、娘 が 帰ってきたら、なんだか 面白いこと に なるかも です。 (笑)



昨日 の 着物は、涼しげに、
絽 の 着物 + 葡萄柄 の 麻 の 帯。
CIMG1162.JPG
 

posted by ふじりんご at 10:40| Comment(31) | TrackBack(1) | 日本の美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!twincle☆familyの泉星と申します^^

とっても素敵なサイトですね^^☆

良かったらお近づきになれたら嬉しいです^^

また遊びに来させてくださいね♪

お時間があるときにでも

私のファミリーを紹介ししたいので^^

良かったら遊びにいらして

ください。

twincle☆familyの泉星でした♪


Posted by 初心者だって稼げるワン☆泉星の自宅で簡単!貧乏からの脱出法〜!!の泉星 at 2007年07月26日 11:34
きのうなどは、晴れてましたので、着物、って思ってみたのですが、朝になりましたら元気がなくて、アロハ、になってしまいました(笑)。
参加者のみなさまそろってお着物とは、見習わなくちゃいけません。
来月からは、お濃茶と茶箱のどちらか、ということで、いまのところお濃茶になりそうです。
茶箱は、昔々別の流派でやったことがあるのですが、すっかり忘れてますね。
初心者コースではできないかもしれませんが、また今後茶箱のお点前ができる日が来るといいなあと思います。
Posted by もちや at 2007年07月26日 19:16
お母さま、すごい学習意欲ですね!
かっこいい〜☆
『和』のお茶に英会話ですか…
私もその席に座ってみたいです♪(作法は知らないけど…)

着物姿はふじりんごさんですか?
シックな色と涼しそうな、素敵な着物ですね☆
Posted by lunaはちこ at 2007年07月26日 21:37
〜泉星さんへ〜

泉星さん、ようこそお越しくださいました。
今度、遊びに行かせていただきますね。
ありがとうございました!!

Posted by ふじりんご at 2007年07月26日 22:27
〜もちやさんへ〜

もちやさん、いつもコメントありがとうございます!
もちやさんは、アロハでお稽古でしたかー!!
涼しそうで、ゆったりとお稽古できたこととお察しいたしますわ〜〜。
お濃茶へと進まれるのですね。
わたしは、お濃茶はいただいたことはございますが、お点前は全く存じません。
また記事アップを楽しみに致しておりますので・・・。

ところで、もちやさんは、やはり黒グレーの方でしょう?
他の方のコメントともちやさんの水差しから水を・・・、というコメントできっとそうだろうと察しをつけましたの。
いかが? (笑)

Posted by ふじりんご at 2007年07月26日 22:34
〜lunaはち子さんへ〜

はち子さん、いつもコメントありがとうございます!

>私もその席に座ってみたいです<

え〜?
わたしはあまり座りたくないなと。(笑)
日本語でも所作、順序など頭混乱しそうですのに、英語ときた日には・・・!!

お稽古の時は、なるべく着物を着るように心がけております。
そうでもしなければ、着物を着るチャンスってほとんど皆無ですので・・・。
はち子さんも、一年に一回か二回、和の世界へぜひどうぞ。(笑)

Posted by ふじりんご at 2007年07月26日 22:40
ふじりんごさん、すごいわー、お母様!
すばらしいですね。ご自分の趣味でちゃんと国際人になっているなんて。スゴイ、スゴイ。
私の英語の先生(アメリカ人)に話したら、きっとお茶を習いたいというかも。そのときはどうぞよろしね。
Posted by fuku(ginsuisen) at 2007年07月26日 23:27
黒グレーの方 ではありません。
そのかたは私より10歳もお若くて(笑)。
Posted by もちや at 2007年07月27日 08:31
〜fuku(ginsuisen)さんへ〜

fukuさん、おはようございます!
国際人?
ちょ、ちょっとあまりにも眩しいお言葉、ありがたい限りですが、そこまで言っていただくのもどうかと・・・。(笑)
でも、外国の方にお茶を教えたいという気持ちは、いつもあるみたいですよ。

「日本文化を海外の人に知っていただくこと」
う〜〜ん、それはそれはやりがいのあることだと思いますわ・・・。
fukuさんこそ、お能に関して、ぜひぜひ国際人として発信してくださいませ・・・!!

Posted by ふじりんご at 2007年07月27日 10:36
〜もちやさんへ〜

もちやさん、え〜〜〜、ハズレでしたかー!!
ガックリ。
そうすると、残りは・・・??
・・・・・やっぱり、老眼のわたくしには識別不能でございますわ〜。
「もちやさんを探せ」・・あきらめまする。(笑)
Posted by ふじりんご at 2007年07月27日 10:42
ふじりんごさんの毎日は、とっても充実していらっしゃるようですね。
お母様も意欲的な方ですから、血筋なのでしょうね。日々をきっちりと真摯に過ごしていらっしゃる印象を受けました。
見習うことがいっぱいあります。。
Posted by ゆみたん at 2007年07月27日 19:08
〜ゆみたんさんへ〜

ゆみたんさん、いつもコメントありがとうございます!
毎日が充実しているかどうか、よくわかりませんが、結構欲張りなのだと思います。(笑)
あれもしたい、これもしたいと・・・。
血筋?
本当にそうかもしれませんね。
「いろいろやりたい症候群」は、確かに母から娘へと受け継がれているみたいです。
でも、わたくしから見ると、ゆみたんさんの方が、ずっと意欲的でずっと真摯な日々を過ごしていらっしゃると思いますわ。
時間は矢の如く流れていきますしね。
「きらきら輝いて Let's 50代」
といきたいのですが・・・。

Posted by ふじりんご at 2007年07月27日 21:59
点プレ変わりましたね。和風ですね。goodです!!
絽のお着物あこがれます。
私は今日は浴衣で出かけました。
Posted by くるみりす at 2007年07月27日 22:38
日本文化は奥が深いですねえ。これを英語で外人に伝えるのはかなり高度なテクニックが必要なような。いま仕事がらみで生活文化Quality of Lifeに興味があって北大路魯山人に関する本を読んでます。屈んで入って狭い空間の中で独りの世界になって自分の心と対話するような狭い茶室を造るのが夢なんですが・・俗世間の刺激に翻弄される毎日です。
Posted by vctaddy at 2007年07月28日 06:26
I'm sorry that it makes a mistake in the comment input operation.
と書いて[書き込む]クリックしたら「半数英数字のみのコメントは受け付けません。」と表示されました。グローバル対応じゃないんですね。
Posted by vctaddy at 2007年07月28日 06:34
おはようございます。

素敵なお母様ですね。
英語に興味を持ち、さらに自分なりに勉強なさるなんて、私も一度子供と一緒にやってみたんですけど、本をみてもCDを聞いて最初の内だけでした分かったのは、後はついていけませんでした。
お母様より若い私が諦めてしまって…(汗

もう、英語は無理でも何か別なことで挑戦してみようかなぁと思いました。
Posted by 夢詩 at 2007年07月28日 10:06
言い忘れました。
前にこちらで紹介されていた。シソジュース造ってみました。
青ジソで作ったので、ふじりんごさんの様に濃い赤にはならず、ピンク色になりなした。
意外と評判が良く1.5リトル作ったんですが、すぐになくなりました。
また、作って欲しいといわれるくらいです。
教えてくださったありがとうございました。
Posted by 夢詩 at 2007年07月28日 10:14
ふじりんごさんのがんばりのルーツがお母様。
なんだかわかるような気がいたします。
年齢ではないのですね。やりたいことを実現していくパワー、見習いたいと思います!
茶箱はなぜは2個も押入れにしまってあるのですが、お作法を知りません。忙しくてお茶のこと忘れてました^^;
我が家にも「CHADO」The Japanese Way of Teaという本が埃をかぶっていますね。夫のために義母が買ったもの。夫は若い頃、1年かけてインド旅行して、ほんの少しだけ茶道具ををもって行き、あちらで友人になった人たちにお茶を建てたらしい。
和の文化、好評だったといっておりましたね。
Posted by つきのこ at 2007年07月28日 10:27
〜くるみりすさんへ〜

くるみりすさん、おはようございます!
和の話題でしたので、和のテンプレートに変えてみました!
ちょっと涼しそうでしょ。
絽の着物は、意外と暑くないものですね。
冷房の室内などでしたら、洋服よりも快適なぐらいです。
冷えないしね。
でも、お外でしたらなんといっても浴衣ですよね〜。
くるみりすさんとお嬢さま方もお揃いで浴衣でしたの?
花火や盆踊りの季節ですねぇ。

Posted by ふじりんご at 2007年07月28日 10:27
〜vctaddyさんへ〜

vctaddyさん、おはようございます!
seesaaブログって、グローバル対応ではないようで、まさに super domestic なわたくし向けですわね。
(同じ記事を処理させていただきました。)
北大路魯山人に関する本をお読みとのこと。
なかなか和ですわねぇ。
そのうち、お茶室まで作られて、侘び寂びの世界を目指されますか?
それもまたステキです!!


Posted by ふじりんご at 2007年07月28日 10:35
〜夢詩さんへ〜

夢詩さん、おはようございます!
おからだの調子はいかがですか?
関東地方はとっても暑いのに、まだ梅雨明けしていないそうで、わたくしもちょっとバテ気味です。

わたしも英語はなかなかです。(汗)
やはり英語を勉強するには、強い動機付けが必要ですね。
母などは、「お茶」に興味の対象が限定されているのと、「英語でお茶をしてみたい!」という気持ちが、モチベーションを大いに高めているみたいですわ。

でも、英語でなくてもいいですよねっ!!
なにか好きなことを長〜く、楽し〜く続けられたら最高です。

シソジュース作られましたか!
青シソで作ると、ピンク色になるのですね!!
いいことを伺いました。
暑い夏にはぴったりの爽やかジュースですから、すぐになくなってしまいますよね。
今度はわたしも青シソで作ってみようっと。
こちらこそ、ありがとうございました!!

Posted by ふじりんご at 2007年07月28日 10:48
〜つきのこさんへ〜

つきのこさん、おはようございます!
わたくしのがんばりのルーツはやはり母でしょうか? (笑)
お互いに刺激しあっていることは確かですね。
関西に住む姉は、ピアノで精力的に活動していますし、「がんばるっ!」というDNAが受け継がれているのは事実かもしれません。
ただし、わたくし、「寝ること」が大好きなのもまた事実ですの・・・。(汗)

お義母様もご主人様もお茶をなさるのでしたね。
殿方がお茶をなさるって、とてもステキだと思います。
日本男児、それも武士かー!って感じデス。
インドでも日本文化は喜ばれたのですね。
娘にも、この秋、コンパクトな野点籠を持たせる予定です。

静寂の中で、お湯の沸く音を聞きながらお点前すると、なんだか気持ちが落ち着きます。
つきのこさんも、お仕事でストレスを感じる時などがおありでしたら、ぜひぜひお茶をどうぞ。


Posted by ふじりんご at 2007年07月28日 11:00
ふじりんごさんの前向きな性格はお母様譲りだったのね。
素晴らしいです。
私も、そういう風に年を重ねていきたいわ。
私の人生、今日が一番若いんですもの「そのうち…」って言葉はタブーにしましょう。
Posted by ベンジャミン at 2007年07月28日 17:01
〜ベンジャミンさんへ〜

ベンジャミンさん、こんばんは!
そうですね。
確かにわたくしの性格は、ある面、母に似たところがあるみたいです。
ただし、ある面 を強調。(笑)
歳の取り方、重ね方って、身近にお手本があるのとないのとでは、多少違ってくるかもしれませんね。

>私の人生、今日が一番若いんですもの<

はっとしましたわ。
まさにそのとおりですね!!
一番若い今日できないことが、明日、一日年とったわたくしに出来るわけありませんね。
心して生きてまいりまする。
と、一応威勢はいいのですが・・・。(笑)

Posted by ふじりんご at 2007年07月28日 23:09
80才のお母様、なんと前向きで行動力のある方でしょう!!素敵です♪
思うに 戦争を体験された年代の方々は、我々戦後生まれの者とは何か違いますね。信念 頑張り方が半端でないです。尊敬します。
実は 私の実家の母も82歳ですが、すこぶる元気で いまだに着物の着付けや謡曲を週3回ボランティアで教えております。やはり50才を前にして、着付け教室に通い資格を取ったり、お謡いお仕舞を習って、やり続けた結果 今では母の生きがいにもなってます。
それに比べ・・・私は還暦すぎただけでグズグズ
・・・いかんいかん。
何事も年齢には関係なく「やる気」ですねえ!!
Posted by たかこ at 2007年07月29日 23:03
〜たかこさんへ〜

たかこさん、こんにちは!
たかこさんのお母様も82歳で、ずいぶんと精力的に生きていらっしゃるのですね!!
「美しく歳を重ねる」とは、こういう生き方のことを言うのでしょうか?
おそばにお手本がいらっしゃることは、たかこさんもすごくお幸せだと思います。
還暦を過ぎて、人生いよいよこれからですね!!

わたくしも、少しだけ先輩の皆様を大いに見習って、上手に歳を重ねていきたいと思っております。
少し先輩の皆様の生き方をよ〜〜く観察させていただきますので・・・。(笑)

Posted by ふじりんご at 2007年07月30日 13:27
こんばんわ 夜分にすみません

私の先生は表なのですが 表には茶箱がないのかな
でも先生は茶箱がお好きで 裏でおけいこしていただきました
卯の花ってよく聞いたしやったことあります・・たぶん・・
お茶会では 雪 花 月もあったと思います
その頃とにかく足が痛くて 膝も足首もで
座っているのは もうダメーと思っていたのばかり覚えてます
お母様 ふじりんごさんと一緒にお茶されて
うれしいことでしょうね
英語もされてねぇ〜
よい関係よい親孝行ですね〜 

Posted by かどのおばちゃん at 2007年07月31日 00:43
〜かどのおばちゃんさんへ〜

おばちゃん、コメントありがとうございます!
おばちゃんも茶箱、よくなさっていたのですね!
卯の花、雪、月、花、という名前もステキだし、コンパクトなしつらえの茶道ということで、今風かなと思ったりもしています。

足は・・・。
わたしもかなりつらくて、途中でちょっと休憩させてもらったり。(笑)
膝の悪い人だったら、茶道はムリですよねぇ。

>よい関係よい親孝行ですね〜< 

ありがとうございます。
確かに、お稽古の前のお掃除、お稽古、英語も、すべて親孝行と思ってさせてもらっています。
孝行娘に喜んでくれていると思いますが・・・。(笑)

Posted by ふじりんご at 2007年07月31日 11:31
お母様、バイタリティーあふれる方ですね。とっても素敵です! そんな素敵な方が身近にいらっしゃるふじりんごさん、幸せですね。私の亡くなった母も80過ぎて知らない間にハワイに旅行に行ってくるようなおもしろい人でした。これといって特技は何も持っていませんでしたが、皆から愛される年寄りではありました。ふじりんごさんのお母様もきっと素敵な年のとり方をなさってるのでしょうね。いつまでも仲良くお茶や会話など楽しんで下さいね!
Posted by ここのは at 2007年07月31日 23:46
〜ここのはさんへ〜

ここのはさん、おはようございます。
お忙しいのに、コメントくださりありがとうございます!!
80歳すぎてから知らない間にハワイ旅行だなんて、ここのはさんのお母様も行動派でしたのね!!
人生80年から90年として、どれだけ行動するするかは、かなりの個人差があると思いますが、どうせ同じ年月を過ごすのなら、やりたいことをいっぱいできるような人生でありたいものですね。

>いつまでも仲良くお茶や会話など楽しんで下さいね!<

ありがとうございます。
母と娘、ステキな関係でいられるよう、努力いたします。
そして、ここのはさんもお嬢さまとステキな関係が、わたくしと娘もよい関係がずーーっと続きますように・・・ネ!!
Posted by ふじりんご at 2007年08月01日 10:09
素晴らしいお母さまがいらっしゃるから さらに素晴らしい「ふじりんご」さんが存在しているわけですね!
「Les'60代」はないのでしょうか?ぜひ拝読したいと思います。
ふみふみ
Posted by fumifumi at 2017年02月13日 08:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49248548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

茶箱点前全伝 裏千家茶道教科 点前編(11)
Excerpt: 茶箱点前全伝 裏千家茶道教科 点前編(11)
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-08-15 03:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。