2007年01月11日

NY って そんなにいいの?

娘が NY に 滞在中です。
かなり興奮気味の メールが 届きました。

タイムズスクエア、ブルックリンブリッジ、自由の女神、ブロードウェイの「美女と野獣」・・・。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓×.jpg jiyuunomegam.jpg

????〓????jpg ??????о??Юjpg   


よく 映画などで アメリカの地に 始めて 足を踏み入れた人たちが
「 あぁー、やっと アメリカに 来たんだ! 」 と 感慨深げに 自由の女神 を 見上げている場面などを目にしますが、

ここは、 そんなに興奮するような なにか大きな魅力 が ある街なのでしょうか?
娘のメールには 『 超 』の字 が、6つも 入っていました(笑)!

「ずっと 超田舎にいたから、都会に来て 逆に 超心が落ち着く(笑)」 だの
「超〜〜〜〜〜最高!!!!!!」 とか
「テンション 超あがります〜〜〜〜〜!!!!」 とか
「とにかく 何もかもが 最高すぎて・・・」 などなど。(爆) 

ここまで喜んでくれたら、送り出したコチラも嬉しいというものです。

でもわたしは NY と聞くと ちょっとこわいイメージ が あるし、地下鉄に乗った なんて娘が言うと
NYの地下鉄って、大丈夫なの?」
と思ってしまうし、バッグ取られないように しっかり持っているかしら、と心配してしまうし・・・。

アメリカヨーロッパ の どちらに 旅行したいか というと、断然 ヨーロッパです。
ヨーロッパの 歴史を感じさせる 古い町並みや ビル建築などを 厳しく規制している 中世風の街 など、とても憧れます。

娘時代に、フランスの 片田舎に 短期留学 することになっていたのですが、父親が 手術することになって キャンセルしたことがあります。
その頃の 思いも あるのでしょうか、ドイツフランス なら フランスに 行きたいです!
でも行ったことのある人は 皆、ドイツ人は日本人にやさしいけれども フランス人はすごくクールだから、ドイツに行く方が 印象がいい と言います。

NYも、娘が最高! と言うのだから、一度は 行ってみてもいいかな と思いますが、わたしなら もっと片田舎の 田園風景の街のほうが いいんだけれどなー。

夫は 出張で アメリカに 何回も 行きましたが、アメリカの田舎で アングロサクソン しかいない というような街だと、日本人のような 黄色人種 は 全く浮き上がってしまい、かなり居心地の悪さ を 感じたこともあるそうです。

田舎は田舎で これまた閉鎖的な面が あるのかもしれません。

今週末に 娘が向かう場所も、おそらく 昔は 完全な白人社会 だっただろうと 思われる所です。
もしかしたら 今でも ジャップなどと 呼ばれるかもしれないし、日本のことを 良く思わない人が いるかもしれません。

・・・などと、いらぬ心配までしてしまう 母親ですが、良い人たちと 沢山出会い、アメリカの良い面も 沢山知って、日本のことも 客観的に見て、国際的な視野 を 大いに 広げてほしいものです。
最後は 国と国 ではなく、人と人 のつながり、人間性 が 受け入れてもらえるかどうかですものね。


posted by ふじりんご at 10:38| Comment(12) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

娘の荷物 と 住民票

本日、娘の荷物を 大きな段ボール箱一つ にまとめて、EMSで 送り出しました。
あれも入れて、これも買ってきて、というリクエストが多く、そのたびに電話やら メールやらで 要求してきた娘です。
最後のリクエストも買って、ようやく荷造り が 終わりました。

海外に荷物を送ったことなんて ありません。
10キロぐらいにまとめる予定が、かなりオーバーの18.25キロ
25000円ほども送料に取られてしまいました!

関西に 宅急便を送るのなんて1000円ほどですむのに、やっぱり距離がある のですねぇー。
メールや電話やスカイプ(これはまだつながらない)で、すごく近いと錯覚してしまいがちでしたが、この25000円の送料を 考えると やはり遠いんだなあー と改めて感じました。

午後は、娘の 転居届け を出しに 役所へ。
1年以上の渡航は、住民票から 一旦除票 するのが 通例らしく、それの手続きです。
転出届けを 出し、国民健康保険証を 返却し、印鑑登録を 抹消し、国民年金が 任意加入に切り替わり・・・。

手続きがいろいろあります。
ここで、はたと 気づきました。

国民健康保険証が なくなります。
ということは、夏休みやお正月の 一時帰国 の2,3週間の間に、もし 病気や怪我をした時は 保険がきかない っていうことです。

病気はしない、怪我もしないと 仮定しても、おそらく 皮膚科には 行くだろうと 思われる娘の場合は、それでは 自費 で払わなければならない訳?

さっそく そのことを 係の人に尋ねてみると、
「その場合は 一時帰国したときに 住民票を また戻せば 国民健康保険も 戻ります。そして、また 渡航する時に また転出届を 出すことになります。」

一回一回 そうするのでしょうか?
なんと面倒なー!

国民年金にしても、たとえ 一年でも 任意加入をしない時間があると、 老齢基礎年金 を もらえなくなる上に、事故などがあっても 障害基礎年金 の 対象にもならないとのこと。

・・・海外に出るって、何かと 不便 もあるようで。

荷物を送り出し、住民票の届けもして、いよいよ娘の本当の海外生活 が スタートです。

posted by ふじりんご at 23:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

明けましておめでとうございます!

2007年、スタートしました!

猪突猛進の 亥年
でも、猛進 はしないで、スロー でもいい。
50年も 生きてきたのだから、無理をする歳ではない。
からだを 壊さないように 気をつけて。

これから生きていく年月は、これまで生きてきた年月よりも おそらくは短いはず。

だから、何事も 本気で 取り組みたい。
本物だけ を 取り入れたい。
本当の意味で、「生き」ていきたい。
毎日 刻々と進む時間を 無駄にしないで、中身濃く 暮らしていきたい。

・・・新年にあたり、心に感じた 想いです。

もう、まがい物 の 装飾品が 似合わない 年齢です。
ということは、生き方も まがい物に ならないようにしなければ・・・。

と 決心したお正月ですが、こんな決心に 反して、「 まがい物 」ではないけれども、「 手抜き 」を したために 新年早々、息子から きつ〜い一言を 貰ってしまいました。

元旦の朝、例年通り、我が家流の お正月の 朝を 迎えます。
娘は いなかったけれども、夫、息子と、Qも 一緒に。

おせちは、毎年 らでぃっしゅぼーやの 無農薬を 取り寄せて 作っていたのですが、今年は 無農薬でないと 体が心配な娘も いないことだし・・・、適当に デパートから買ってきたものを 切りそろえ、盛り付けして、簡単に 済ませました。
重箱も 使わず、金と赤の おめでたい 塗りの大盛用プレートだけを 使って・・・。

「あれ〜。
ずいぶんと手を抜いたおせち だなあー。
このおせちだったら、俺でも出来そうだなー。
かまぼこ切って、ハム切って、伊達巻切って、黒豆盛り付けて、ごまめ盛り付けて、数の子盛り付けて、えーっとそれから・・・。
もう一品買ってきて盛り付けたら、俺の勝ちだな。」 
ですってー!!

「こんなおせちだったら、帰ってくる気しないよなー。
しょうがないなぁー。
来年は、三越高島屋から おせちを届けるよ。」

やった〜!
ついに息子がおせちを買って届けてくれるような歳になりました!
でも、そんなこと喜んでいいのか、それって、実家の母親のおせちが手抜き過ぎるとはっきり言われている訳で・・・。
本当は、きつ〜い一言ですよねぇー。

それに、息子は去年のお正月、大学時代のアメフトの仲間八人とサイパンへ行っていたし、今年だって明日からタイに行くようだし。
「海外旅行に行って自分が帰ってこないお正月なら、おせちは届けないよ。」
とも、はっきり言っています。

やっぱり三越か高島屋のおせちは、あまり期待しない方がいい かもです。
それに、来年のお正月は娘が帰ってくるのだから、絶対手を抜かないでお料理しますわよー。

そんなこんなで、新年早々ちょっと手抜きをしてしまった自分自身に対するいましめからも、「まがい物の生き方はしない! してはいけない!」と決心した次第です・・・。


さてさて、今年の お正月用のお花 は、南天、菊、金色の松ぼっくり に加えて、初めて「啓翁桜」というサクラを使いました。

CIMG0478.JPG   CIMG0479.JPG   

ちょうどみんなが帰ってきて、各自の部屋の暖房を入れて家全体が温まり出した大晦日の昼過ぎから、サクラがちらほらと咲き始めました!

CIMG0480.JPG

サクラが新春に咲いて、そのあとは葉桜になるそうです。
なんだか、迎春の暖かいエネルギーが家の中まで入ってきたようで、嬉しくなりました。

みなさま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by ふじりんご at 18:59| Comment(16) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

今年最後 の ご挨拶

今年の九月に、誕生日を記念して 始めた ブログ。
友人からは
「ネットの中の虚構のお付き合い。十分に気をつけて。」
と言われました。
実際、わたしも 知らない人同士の コメントのやり取りなどに、
「本当は名前も知らない人なのだから、用心しなければ。」
と、かなり構えているところもありました。

でも、日常のなんでもない場面を 切り取って 日記に残していらっしゃる沢山のブロガーの皆さんは、フィクションではない本当の日常を、さらっと明るく楽しく 時には 悲しみや苦しみも 少し本音で吐露して・・・。
コメントを書き込まれる皆さんも、おそらく気持ち一杯の 心を込めて 丁寧に読んでくださり 書いてくださる・・・。

そんなやりとりは、たとえ実際には知らない人でも、ある意味、気取らない飾らない部分の 本音 の お付き合いが出来たり、なぜか心癒される時も あったりで、決して意味のないお付き合いではないなあ、と 思えるようになりました。

そして一番の驚きは、同じような感性の人、同じような年齢の人を 探していたにもかかわらず、自分の生きてきた世界とは 全く違う 趣味や仕事の人と知り合えたことでしょうか。

こういう世界もあるんだ!という 新鮮な驚きと新しい興味 が 溢れてくるのを感じています。
興味のある人のブログは 何回でも訪問したいと思いますし、今まで知らなかった分野の 様々な知識を 勉強させていただいているブログもあります。

来年は、自分自身に もっと磨きをかけ、さらに きらきら輝く50代 を 送れますよう 精進したいと思います。
今年一年(9月以降)、多くの皆様 ありがとうございました。
そして来年も どうぞよろしくお願い致します。
皆様、良い亥年 を お迎えくださいませ。
posted by ふじりんご at 11:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

コメント欄 が 故障?

さっきまで、「あしあと」というテンプレートを使っていたのですが、 コメント欄が故障みたいです

コメントを書いてくださった方のブログ訪問をした時、
「そちらのブログにコメントを残したのだけれども、痕跡が消えてしまった!
というコメントを下さり、初めて分かった次第です。

自分でコメントしてみると、書き込めるのだけれども、「書き込み」のあと次にクリックすると、コメント(0)に戻ってしまいました。アレレ!

「あしあと」のスタイルシートのHTMLを調べればいいのだろうけれども、そんなこと素人のやる範疇ではない、と思いなおし、新たに「樹氷」というテンプレートに変更しました。

クリスマスもお正月もぜ〜んぶ、ひとつのデザインで済ませようと思うと、どうしてもこんな感じの「」を選んでしまいます!

設定のしなおしをして、再度コメント欄のチェック。
やっぱり、ダメです!

もし、コメントを残してくださった方がいらしたら、ゴメンナサイ!
seesaaサイドの問題なのでしょうか。

雨の中、外出しなければなりませんので、帰ってからもう一度ゆっくりと対策を考えてみます
posted by ふじりんご at 11:59| Comment(19) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

海の 向こうの クリスマス

娘に メリークリスマスメール を送ったら、返事が返ってきました!
NYに 住んでいた友人から、アメリカのクリスマスは 本当に美しい と聞かされていたので、ちょっと楽しみにしていたのです。

ところが・・・。

別に 大したクリスマスではない と言う。

学校内は 何もクリスマスの雰囲気はないし、
校外に出ると イルミネーションの家はたくさん見るけれども、
日本の家の近所を もうすこしカラフルにした感じで、目を見張るほどではない。

いつもと変わらない生活で、
夜は 外人さんの家に 皆でパーティーをしに行ったけれども、
ただ ピザ をとって テレビゲーム をしてきただけ。

25日は クリスマスで 授業は お休み
でも、宿題をやってないのでどこにも出かけず勉強しているだけで
いつもと変わらないだろうし・・・。

ってカンジのクリスマスです。

ケーキも なにも食べていないし、
日本にいた方が 素敵なクリスマスだったと思う・・・。

という内容の メールでした。

ちょっと、意外

まぁ、勉強をしに 行っているのだから、楽しいクリスマスを 望む方がおかしいのだけれども、それにしても、アメリカの学生は、勉強する時は がむしゃらに勉強し、パーティなどでは 見違えるほど 着飾って・・・。

と聞いていたので、クリスマスぐらい 派手にパッと 楽しく過ごすのかと思っていました。

でも、よく考えたら、クリスマスは皆 帰省 する訳だから、帰省先の我が家で 楽しく過ごすのが 普通なのでしょうね。
留学生の 集中講座に 付き合ってくれていて、帰省もしていない アメリカ人って、どんな学生さんたちなのかしら?

娘にしても、 「 ここは 一ヶ月だけの滞在 」 という意識が 働いているのでしょう。
早く、留学先に行きたい!と書いておりました。

1月上旬、集中講義終了後に 何人かと ニューヨーク へ出て時間をつぶし、そのあと みんなと さよなら して いよいよ 敵地? に 乗り込む らしいです。
敵地 というより、その場所が 大〜好きになるぐらいの 適地 で あってほしいものです。
posted by ふじりんご at 18:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

年賀状 を 出すという 習慣

年賀状を作りました。
最近は、近くに住む母の分も頼まれて作っています。

今年は戌年だったから、我が家の ミニチュアダックスQ の 写真を貼って作りましたが、来年の亥年は、な〜にも浮かばない。

もう 今回は 簡単な年賀状テンプレートを 利用しよう、ということにして
干支に関係のない背景を 取り入れ、謹賀新年 という文字をちょっと 絵的にアレンジし、数行のご挨拶を入れて、住所と夫婦の名前を入れて、ハイ出来上がり。
だって、去年のレイアウトを ほとんど踏襲しますので、簡単なモンです
そして印刷。
120枚の印刷なんて、今どきのプリンターは あっという間 です。

その間に、今年 喪中の人 を住所録上でチェックし、不要の人、住所不定の人とともに「印刷しない」で設定し、ハイこちらも出来上がり。
宛名面の印刷はもっと早い。

うらおもての印刷がすべて終了するまでにかかった時間、小1時間ほどでしょうか。

頼まれていた母の分も含めて、3時間以内で出来上がりました!

・・・でもねぇー。

なんか 味気ない のですよね。
一律に管理して、一律に印刷して。
もちろん親しい人には、それなりの言葉を添えますが、それでもなんか味気なさが残ります。

もうやめようかなー、と何度も思います。
80歳近い母は、それこそ
「もう そろそろ 年賀状もねぇー。別に 出さなくてもいいのだけれどもねぇー。」
と言いながら、なんとなく年中行事化してしまっているのです。

今どきの年賀状は、単に 惰性で 出すだけのようです。
中には、達筆で いかにも新年のご挨拶 といったものや手描きの絵や版画など、すごく素敵な 年賀状をいただくこともあります。
これは、とても嬉しいものです。
みごとな 筆さばきに 見とれてしまうこともあります。

しかし、友人の中でも、最近は 一律の印刷 年賀状だけで 言葉は一筆もなし、 という人も増えてきています。
多くの人が 簡単な印刷のみで、「止めるに止められない」 惰性によるしきたり に 囚われているだけのような気がします。

だいたい 息子や娘は、とっくの昔に 年賀状を出すという行為を 捨ててしまいました。
今どきの人は、新年0時になると 「 あけましておめでとうコール 」 だか 「 メール 」 だかを一斉にするので、携帯がパンク状態になる というような話も聞きました。

この年賀状を出す という習慣は、いったい いつまで続くのでしょうか。
我々中高年だって、最近ではメールでのやり取りが多くなり、あまり手紙を出す機会もありません。

昔のような、一枚一枚手描きの 心のこもったお年賀状ならともかく、プリンターで 宛名もウラ面も 一律に印刷したものを お互い貰い合っても あまり嬉しい気持ちはないのですが・・・。

たとえば、お中元お歳暮 の 習慣と 年賀状 の 習慣だったら、どちらが長く残るかというと、わたしは お中元お歳暮の方が まだしも残るのではないかと思います。

江戸時代の 半ば過ぎから、飛脚制度が発達して 手紙の交換が比較的容易になり、庶民の間でも 年賀状が 楽しみの対象になるほど 身近な存在になったそうです。

しかし、平安時代の男女が 和歌に心情を託した 習慣が すたれていったように、インターネットの世界が 広がるにつれ、年賀状という習慣も いつか すたれていくものなのかもしれませんね。

と、あれこれ 考えながらも、今年も 作り上げた年賀状 120枚、出しに行きます。


posted by ふじりんご at 11:38| Comment(14) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

こんなところにいるようです

娘は今、こんなところで、過ごしております。
約一ヶ月、このカレッジの寮で生活をし、日常生活のイロハから大学での講義の受け方その他諸々を詰め込んで、そのあといよいよ留学先に向かいます。

クリスマス前の、すてきな風景。(校舎と図書館とリス)
いいなあ〜、わたしもこんなところで学んでみたかったなあ〜。


s-P1000064.jpg

s-Davis007.jpg

s-P1000084.jpg


posted by ふじりんご at 19:27| Comment(14) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

ようやく クリスマスっぽく・・・

11月中も 12月の初旬も、なかなか 出来なかった鉢の 植え替え
やっと 終わりました!

植えたばかりの ビオラが まだ 小さくって、寒々しい。
でも、庭中、20ポットほど 植え替えしたから、お正月過ぎから すこしずつ 根付いてくれるでしょうか。

CIMG0407.JPG   CIMG0408.JPG


さらに、ミニシクラメンミニ葉ボタン も 買いたいのだけれども、娘の雑用が まだまだ 続いており、なかなか ゆっくりと お花屋さんを 覗けません。

クリスマスの イルミネーションは しませんが、玄関先の 鉢に クリスマス用のピック を 2,3本 立ててみました。
たったこれだけでも、ちょっとだけ 雰囲気が 出るから 不思議。

CIMG0409.JPG   CIMG0410.JPG


あとは、リビングに お友達から いただいた、 キャンドル花束 を 飾って。
この花束は、アメリカへ発つ前の 最後の お別れ会で 娘が プレゼントされたものです。

CIMG0403.JPG   CIMG0406.JPG

今年の クリスマスは この二つを 飾って 終わりです!
夫も 息子も 帰ってくる お正月前には、もう少し 丁寧に お飾りなども 準備しなければなりませんが。
まぁ、クリスマスは よそのお宅の イルミネーションを 楽しませていただくことで、ヨシとしましょう。
posted by ふじりんご at 10:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

家族 それぞれの 道


昨日、近くに住む母が 泊まりに来てくれました。
二人で 成田から帰ってきて、一人になる私を 気遣ってくれたのだと思う。

成田・・・。
そう、成田まで 娘を 見送りに 行きました。
ついに、行ってしまった・・・。

ずーっと前から、留学を 考えていた娘が、ここ一年ほどは、今進んでいる道を そのまま行ってもいいかなと思い始め、そのうち もう留学しない と言い出し・・・。
迷いながら 学校の選定をし、願書を 出したものの、気持ちは 日本に 残る方に 強く ゆれている。

数校出した願書のうち、行ってみたいと 魅力的に 思うのは ただ一校だけだと言う。
「 この学校から 合格通知が 来た時だけ 行く。そのほかの大学は 通知が来ても 行かない。 」
と、自分の中で 条件をつけて、行くか やめるかを 決めようとしていた。

おそらく、もう 行かないのだろうなあ、と思っていたけれども、一応、予防接種 や ビザ取得 の 準備だけは 進めていた。

半分以上 諦めかけていたのに、11月の20日も過ぎてから、ようやく 届いた 合格通知。

母親としては、今の道も すごく いいけれども、留学して 新たな 可能性を 探す 方向にも 娘の 将来を 託してみたい。
しかし、娘自身は、行きたいと 思った 大学の 合格通知を 前にしても、まだ 迷いが 吹っ切れない。

結婚式の前に、マリッジブルーになる 花嫁の 心境に 近いものなのかもしれない。
今 生きている環境、人間関係 すべてに さよならをして、新たに それも 外国で 一歩を 踏み出す必要が はたして あるのか。
夢は夢で 終わらせた方が いいのではないか。
お付き合いを 始めた ボーイフレンドの 存在が、さらに 迷いを 大きくしている。

でも、自分で 自分の中に 条件をつけて 決めたことだし、
魅力ある と思った 学校なのだし、
今 進みたいと 思っている道を、あちらで 極めてみる という方向性も あるし・・・、
「 ・・・やっぱり行く! 」
ようやく 決心を つけたのは、もう 11月の 末。

結婚式があって 関西に 行く、という 大事な 行事が ある上に、友人との 別れの会が 連日続き、アルバイトを やめ、書類を 整えたり、買い物を したり。
この 10日ほど、母子 共々、鬼のような スケジュールを こなした。

スーツケースに 荷物を 詰め終わったのが、出発の 日の 朝3時過ぎ。
ばたばたと タクシーに 乗り、スカイライナーに 乗り、成田に 着いて、搭乗手続きを 済ませ、荷物を 預け、食事をし、記念写真を 撮り、別れの 挨拶をして、握手をした時 ちょっと 涙ぐんで・・・・・・・。

実感のないまま、あわただしく 搭乗口に 消えて 行ってしまった・・・。

生まれてから 一度も ひとりで 生活したことのなかった娘が、これから 何もかも 自分で しなければならない。
それも 遠い 異国の地で。
なんだか、それを 考えただけで、心配で 心配で 胸が いっぱいになってきます。

でも、最後は 自分で 決めたこと。
これからの 数年で 大きく たくましく 成長してくれることだけを、日本の 空から 祈っています。

昨夜は、犬と 二人っきりに なるはずだったのに、ずっと 一日一緒だった 母が 泊まってくれて 気がまぎれました。
今日から、いよいよ 一人っきりの 生活が 始まる。

夫は 関西。息子は 関東。娘は アメリカ、そして わたし。
次に 家族4人が 揃うのは いつになるのか・・・。

今、結婚して 初めて、わたしは 一人に なってしまいました。
でも、離婚したわけでもなければ、子供と 絶縁したわけでもない。
みんな それぞれが それぞれの道を 歩いているのだから、わたしも しっかりしなくては。

それに、子供が 成長して 幸せな形で 親の元を 巣立っていってくれることを、母親冥利に尽きる、と 思わなければ・・・。
・・・これからは、娘として せいぜい 近くに 住む 母親に 孝行しましょう。

願わくば、2,3年後の お正月は、ハワイで 一家集合! と 行きたいものです!
posted by ふじりんご at 14:37| Comment(17) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

スカイプ を 導入しました

ユビキャストブロガーに 続き、再び パソコンネタを・・・。

このたび、「 スカイプ 」 を導入することにいたしました。

スカイプ? なにそれ?

つい 半年ほど前までは、そんな単語も 知りませんでした。

お友達の 息子さんが、ある企業から ニューヨーク大学へ 留学することになり、スカイプを 導入されたと 聞いて、

「ふーん、そんな便利なものが あるんだー。」

と 初めて 知ったのです。

スカイプを ダウンロードした パソコンどうしなら、世界中どこでも 無料通話が 可能 なのです。

また、SkypeOut という ソフトを 使うと、世界中の 一般回線にも、 1分あたり 約2.4円 という低料金から 電話することが できるという。

ちなみに「 グローバルコーリングカード 」という、クレジットカードによる 料金後払いカードを 使うと、とても 安く 電話を かけられるらしいのですが、これだと 一分あたり アメリカから 日本へ かけて0.29ドル(約34円)。

スカイプどうしでも、また スカイプから一般電話回線へも、とにかく IP電話 スカイプを 利用するのが 一番 安上がりのようです。

おまけに、パソコンが テレビ電話に なるわけですから、webカメラを 取り付けて、相手の 顔を 見ながら 話すことが 出来る、って すごくないですか!

友人も 息子さんと しゃべりながら、パソコン画面に 映る ニューヨークの アパート内を、
「 金髪の 女性でも 後ろに 映っていないかしら 」
と チラチラ のぞき見 しているのだそうです。(笑) 

それでは、うちにも スカイプを 導入しよう!
さっそく、webカメラを 取り付けました。 

AMAZON で 2340円 です。
きのう 頼んで、今日 もう 届きました! ( 至急便ですけれどもネ )

 CIMG0306.JPG  CIMG0307.JPG     

マイクテストも OK。
自分の姿が、パソコンに 映り、自分の声が、パソコンから 聞こえてくる・・・。
なんか、とっても 不思議な 気分ですね。

これで、またひとつ、パソコンで できることが 増えました。

楽しみ〜!
posted by ふじりんご at 22:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

ユビキャストブロガーって知っていましたか?

9月21日に このブログを 開始してから、いったい 何回、記事投稿の 最中に 投稿場面が 消えてしまった ことか!
ちょっと 何かを 調べたくって、ブラウザの 戻る ボタンで、他の サイトへ 行き、そのあと また 書き出す時など です。

本当に 何回も 何回も 失敗してしまいましたので、今では メモ帳バックアップを 取りながら 書き進める という用心までするようになりました。

・・・これは、11月5日に 書いた ブログの 内容です。 → 11月5日

今までも、メモ帳に バックアップを 取りながら という姿勢は 同じです。 いえ、同じでした。

ところが、ところが、今 書いている このブログ、新しい ソフトを 使っているのです!

そう、新しい ソフトを 見つけたのですヨー!

株式会社ユビキャスト の  『  ユビキャストブロガー  』   という ソフトです。

ワードや メールを 書いている 感覚で、記事を 作成することが できるのです。

その機能が どれだけ、わたしにとって 有難いかというと―

@ 記事を 書いている 途中で 消えることがありません!

A 書き終わったら、そのまま 投稿する事が 出来ます。

B ワードのように 保存を しておくことが出来ます。

C ツールバーも ワードと 同じ仕様です。

D HTMLを 使わなくても、ツールバーの ハイパーリンク アイコンを 使うだけで、リンクが 作成できるのです。

E 背景色も、 フォントの色も とってもカンタンに設定できます。    ほらね。

F 過去の 記事も 取り出せて、編集も 思いのまま なのです。

G 写真の アップは こ〜んな 感じで、サイズ変更も含めて、これまた カンタン らくチン、ランランラン♪ です。

これで、メモを 取る 作業から 解放されました!

ホストサイトでの編集作業中に、いろいろとイライラする場面がなくなりました!

それにしても、パソコンの中というか、ネットの中には、じっくり探してみると、 本当に便利でなるほど〜の ソフトがいろいろあるものですネ。

 

posted by ふじりんご at 23:15| Comment(12) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

若い人 の パーティードレス A

娘の パーティードレス やっと 買うことが 出来ました!

3つの候補の中から 迷いに迷った挙句の ようやくの 選択です。

★第一候補
若さ 強調系
からだの 右側が かなりの ミニ丈。
背中+肩 の露出度 6  
partydress3.JPG


★第二候補
おとなしめ系
ひざ下丈
背中+肩 の露出度 2  
partydress4.JPG 
 

★第三候補
少しふんわり系
裏地 かなりの ミニ丈、透け感のある 表地 ミディ丈
背中+肩 の露出度 4  
partydress2.JPG


どれも 似たような ドレスです。

「 はーん、あんな 感じね・・・。 」

そう、こんな 感じです。

母親の 希望は 第2候補だったのですが、娘 いわく
「 これは、何の変哲もない って感じ。おとなしすぎる。 」

まぁ、写真を 並べて 比べてみると、確かに そうかも・・・。
もう少し 年齢が 上の人 向けかもしれない。

本人は、第一候補が かなり お気に入りです。
「 でも、この ミニ丈は ちょっとねぇ。 」
「 イスに 座ったとき、太ももが 丸見えかもよ。 」 
と母。

ちょっと大胆ですが、今しか 着れない、というのなら これですね。 」
と店員さん。

「 確かに、若さで 勝負 って感じ。今しか 着れないなら これにしようかな・・・。」
「でもなぁー・・・。」

と、迷って迷って、第一候補と 第三候補を 二回ずつ 試着してみて・・・。
結局選んだのは ― 

― 第三候補 でした。

三つの中では、まぁ 一番無難 でしょうか。
これなら、母娘ともに 納得 ということで。

上に 羽織るものとしては、サーモンピンクの ファー付き ストール
ファーは、冬以外は 取り外しも 出来るというもの。

さらに、ファーの ボンボン付きの パーティーバッグ です !

・・・なーんだか、若い人が みんな 同じに 見えてきそうです。
かなり 個性の はっきりしている 娘なのですが、服装は 若い人と 同じ 趣味のようで。
エビちゃん モエちゃん の ファッションが いいと 思う 世代です。

私自身は、娘時代に 結婚式にお呼ばれすると、振袖を 着たものです。
ミディ丈の ドレスを 着よう、という発想すら その頃は なかったような 気がします。

今の 若い人は、クリスマスパーティなどでも ドレスを 着る 機会が あるようで。
それはそれで 良いのですが、みんな 同じような タイプの ドレスが お好みのようで・・・。

それに、肌の 露出度から 見ると、かなり ハラハラするような ドレスを 選ぶみたいです。
おばさん世代には ちょっと理解できないような ファッションだったりします。

しかし まぁ、購入しましたドレスは 娘に 似合って おりましたし、露出度は ほどほどですが、若い時しか 楽しめないと思いますので、大いに 若さを アピールしてくださいナ。

二の腕は 決して 人前に 出せないし、も 極力 見せないようにしている 50代の 母親は、ちょっぴり 羨ましい 気持ちも 胸に 秘めております。

今回、めぐり合った オンリーワン・ダイヤモンド を はめて、美しく しとやかに、従姉の 結婚式に 出席いたしましょう。

CIMG0260.JPG

posted by ふじりんご at 10:56| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

若い人 の パーティードレス

12月のはじめに 姪っ子の 結婚式が あります。
同い年の いとこである息子は 呼ばれていませんが、仲の良かった 娘は 従妹として 招待されました。

振袖 を 着てほしいという 母親の 思いは 全く 無視されました。
そこで、パーティードレスを 買わなければなりません。

パーティードレス専門店、デパート2軒、それに ホテルのブティック と 計4箇所を 回りましたが、まだ これぞという ドレスに 巡り合えない。
結局、今日も また 娘とショッピングです。

娘と ショッピングするのは 楽しいのですが、「 これを 絶対に 買わなければいけない 」 という時の ショッピングは 疲れます。

だいたい、今の 若い人の みんなが そうとは 言いませんが、少なくとも 我が娘の 趣味は、肩ひも ミディ丈ドレスで、胸の ラインぎりぎりぐらい の えりぐり、すそは ヒラヒラ系、ふんわりした スタイルのものではなく、どちらかと言うと ストンとした 細身に 見える系・・・らしいのです。

母親としては、お嬢様風 というか ジバンシィ系 の ドレスを 選んでほしいのですが、そちら方面には 興味を 示しません。

プリティ・プリンセス 」 に 出ていた アン・ハサウェー の ファッションが いいな と思う 母親に 対して、パリス・ヒルトン嬢 風の ファッションが いい と思う娘・・・。

この ギャップは 年齢の 違いなのでしょうか。
同じセレブでも、趣味の 違いでしょうか。

今日は 母娘共に 納得できるような、ステキなドレスが 見つかりますように・・・。

posted by ふじりんご at 11:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

プロのカメラマンが 写した 紅葉写真

同窓会に 行ってきました。
20人 ちょっとの こじんまりとした 集まりでしたので、密度の 濃い 会話に 花が咲き、とても 楽しい ひとときを 過ごすことが 出来ました。

同窓生の 一人に、プロの カメラマンが います。
有名な ブランドの モデル写真、香水、化粧品などの写真、世界遺産の 写真・・・と 商業カメラマンとして、その道では かなりの人 らしいです。

私の 住んでいる 街の 写真も マンションの 宣伝用に 撮ったことが あると言う。
それも 美しい 紅葉の 季節の、私が 好きな 銀杏並木のもの。
ぜひ 一枚 譲って!
と お願いしていたのですが、今日、いただいた 写真を 見て もう びっくり!!

11月4日の ブログに 色づき始めた 同じ 銀杏並木の 写真を、自分で 写して 載せました。
→ 11月4日『銀杏並木がもうすぐ見頃です』

プロと アマチュアの 違いが 歴然です!
すっかり 感心して しまいましたので、ちょっと お見せしようと 思います。
著作権は M.I さん ということで・・・。

aobadai11.jpg

aobadai12.jpg  

aobadai013.jpg

aobadai014.jpg

aobadai016.jpg

aobadai015.jpg 





posted by ふじりんご at 21:59| Comment(11) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

33年ぶり の 同窓会

8月に 関西で、高校卒業後 33年目にして 初めての 「 学年合同同窓会 」 が 行われました。
東京支部も 同時に 結成されました。

そのとき、東日本在住者 の 欠席が 多かったので、名古屋以東の 卒業生が 集まる 「 東京同窓会 」も開こうという話になり、それが明日、行われることになりました。

8月の 同窓会では、卒業以来 初めて 会う 人が 沢山 いましたが、

「 あれぇー、さっちゃん? ちょっと ふっくらした? 」
「 みぃちゃーん、全然 変わらないねー! 」

と 女性陣は、だいたい わかります。
ところが、男性になると

「 えっ、同じクラスでしたっけ? 」
「 あの F君? うそでしょ! 」
「 ウッソー! まるで 別人! 」

など、かなり 印象が強烈! なのです。
もちろん、一時間もすると、すっかり 打ち解け、高校時代の 姿が 甦り、なつかしい 思い出話に 花が 咲くのですが・・・。

女性は、お化粧で かなりの 補正が 可能です。
だいたいの人が おしゃれにも 気を 配ります。

しかし、男性は、体型と 頭に 変化が はっきりと 現れたりして・・・。
だいたい、高校1年から 3年までの たったの 3年間なんて、男子は ほとんど まだ 少年体型 だったのですね。

それが、30年という 月日を 経て、お酒を 飲む 機会が 増え、競争社会で 戦ううちに 多大の ストレスを かかえ、家族を 養い、ローンを 組み、世間の 荒波に もまれ・・・。
徐々に 中年男性の 体型へと、さらには 50代の 男性の 頭へと 変化してきた訳です。

いかに 男性陣が 社会の 中で 必死に 生きてきたのか・・・という 尊敬の 念まで 感じてしまいます。
女性陣の 中にも、バリバリと 働いている人も いましたが、「 家族を 養う 」 という点では、おそらく 男性には かなわないだろうし、ストレスを 浴びる 度合いも 男性の 方が 断然 多かったのではないでしょうか。

社会的に 成功を 収めている人も いれば、苦難の 道を 強いられた人も いるでしょう。
家族の 悩みや トラブルや、介護の 苦労まで 加わっているかもしれません。

自分自身では、30年前と あまり 精神的にも 変化していないように 思ったりしますが、それでも やっぱり 30年は長いのです!

あの頃、共に 喜び 共に 悲しみ、大声で 笑いあったり 失恋を 慰めあった 友。
将来を 語り合い、大人の 女性に 理想像を イメージし合った 友・・・。

あの頃、かっこいいなーと ドキドキした君、お付き合いをして 淡い 青春を 楽しんだ君、高い 目標を かかげて 励む 凛とした 姿に 憧れた 君・・・。

青春の 日々に 巡り合った 人たちは、今 どうしているのでしょう。

8月に お会いした人も、明日 33年振りに お会いする人も、みんな 共に 同じだけの 月日が 流れ、同じぐらいの 経験を 積んできました。

願わくば、これからの 30年も 出来るだけ プラスに 生きて、いい顔で 年を 重ねていきたいものです

heibon.jpg banpaia.jpg

47stamp.jpg shinbun.jpg
昭和46年〜48年頃 の 写真を 集めてみました。


posted by ふじりんご at 15:43| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

グーグル&ヤフー 検索活用法

今 ネット社会には、溢れるほどの 情報が 氾濫しています。
50代の ふじりんご にとっては、何が 必要情報で、何が 納得情報で、何が お役立ち情報 なのでしょう。
探し出すのは 大変です。

そんな時、この本に 出会いました。

google.jpg
グーグル&ヤフー・ジャパン 最強活用技

わたしは、何かを 調べたい時は いつも、Yahooの トップページから、検索スペースに 調べたい語句を 入れて、検索しています。

たとえば、「 英会話 50代 」、「 バースデープレゼント、ガラス、5000円 」
といった 具合です。

すると、何万件もある サイトの記事が ずらーっと 並びますので、上から 順に 適当に ピックアップして 内容を 見ていくのです。
この 方法だと、的を得た 「 わたしが 欲しい 情報 」 が すぐには ヒットしないこともあり、かなりの 時間が かかってしまいますが、しかた ありません。いつも この 方法です。

ところが、たとえば、

「 モーツァルトの 写真が ほしい 」
「 アメリカの Sioux という町を 調べたいのだけれども、一体 どんな町なの?」

という時は、

グーグルなら、「 イメージ検索
ヤフーなら、「 画像検索

を すればいい、ということを 初めて 知りました!

また、

「 荒川静香さんの 金メダルの 時の、トゥーランドット ってどんな曲だったっけ? 」
「 純情きらり の テーマ曲を 思い出そうと しているのだけれども・・・」

という時なら、

ヤフーの「 音声検索 」 または 「 動画検索 」 をすればいい。

さらに、さきほどの Sioux という町が どこにあるのか、山の中なのか 森の中なのか、ちょっと 実物の 写真を 見てみたい と思えば

グーグルの「 グーグル・アース 」で 衛星画像から たどっていけばいい。

へぇーーです!

検索 ひとつとっても、 「 単に 検索スペースに 語句を 入れるだけ 」 しか 方法を 知らなかった 私からすれば、 「 なんて 進んでいるの! 」 です。

思えば、辞書機能 を 使ったことはないし、翻訳機能 を 使ったこともない。

ヤフーには、病院検索 お薬検索 まであるし・・・、上手に 使いこなしたら ネット上で 「 自分が 本当に 必要とする 情報 」 に、スピーディーに たどり着ける 確率が かなり 高くなります。

グーグルと ヤフーに 関する 書籍が いっぱい 出版されている、ということも 今回 初めて 知りました!

はじめてのGoogle&Yahoo!インターネット検索術

グーグル完全活用本

見てわかるグーグル最強活用術―一発で「トクする情報」「欲しい情報」が手に入る(しかもタダ!)究極のグーグル本

地球を新体感!Google Earth入門

Googleに聞け!英語の疑問を瞬時に解決


「 欲しい 情報 ゲット 作戦 」 のスタートは、

検索術を極める 』 であろうと、思った 次第です。

でも、今頃 こんなことを 言うなんて、かなり 遅れているのでしょうか??
posted by ふじりんご at 21:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

背景色、自分でカスタマイズしてみました

自分で 勝手に かえてしまった テンプレートでしたが、どうしても 寒々しい 色 ( 白色 ) を 何とかしたいと 思いました。

思い切って、スタイルシートとやらを さわってみました。

そして、出来上がったのが、今日の この背景色です。
いかがでしょうか。

全体の 背景色を 白色から、薄いクリーム系に。
サイドバーの色を、濃いクリーム系に。

ところが、左サイドの 検索 のところ。
検索したい 語句を 書く スペースと、検索の クリックボタンが どうしても グレー系から クリーム系に 変わってくれません。

そこまで 変えることが できません。
う〜ん、なかなか 奥が 深いです。
posted by ふじりんご at 13:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ブログの 可能性とは ?

今日は 朝から 誰もいない 日曜日。( Qだけ そばで 寝ています )
朝から 今この時間まで ( 午後の4時過ぎ )、ひたすら パソコンの 前に 座り続けております。
あれこれ さわりまくり、あっちこっち 見てまわり、突然 思いついて、テンプレートを 変えてしまいました!

この ブログを 始めてから、沢山の 皆様の ブログを 訪問させていただきまして、その結果、テンプレートは 2カラムよりも 3カラムのほうが 見やすいのではないかと 思いまして、試してみた次第です。

でも、色合いが ちょっとね・・・。
秋から 冬に 向かうというのに、少々 寒々しい感じですね。

それでは、背景色を 変えてみればいいのでは?
ところが、わたしは HTMLに くわしくありません。
タグ
これも とんと わかりません。


パソコンや 携帯って、説明書を 最初から 読んでいっても あまり 理解できるものではなく、とにかく 使いこなすこと、とにかく さわってみること・・・。
と よく言われますので、わたしも 一応 さわってみるのですが、ブログを さわって 設定の 変更などをするのは ちょっと 勇気が いりますね。


実は、サロンコンサートの 企画・運営にあたって、2001年1月1日から ずっと ホームページを 作ってまいりました。
ホームページビルダーを 使って、最初の デザインから始まり コンテンツ、内容まで、わたくし ふじりんごが 一人で 構築、更新を してまいりました。
( 今は 少し 休養中のため、更新は ストップしておりますが )

この ホームページの 更新作業と、ブログの 更新作業では、基本的に 違う 点が あります。

ブログは もともと インターネット上で 動き続けている場ですから、記事投稿も 写真の アップも すべて ネット上で 行う訳ですが、それに対して ホームページは サイトを 自分の パソコンの 中に 置きますので、少々 失敗しても それが そのままア ップされることなど ありえないのです。

9月21日に このブログを 開始してから、いったい 何回、記事投稿の 最中に 投稿場面が 消えてしまった ことか!
ちょっと 何かを 調べたくって、ブラウザの 戻る ボタンで、他の サイトへ 行き、そのあと また 書き出す時など です。

本当に 何回も 何回も 失敗してしまいましたので、今では メモ帳バックアップを 取りながら 書き進める という用心までするようになりましたヨ!

このように ブログでは、スタート時点は ともかく、すでに 動き出してからの 変更やら 更新やらは、失敗する 可能性だって ゼロではありません。


だから、わたくしにとっては、まだまだ ホームページの方が 扱いやすい サイトなのです。

しかし、ブログって、コメントがあり、トラックバックがあり、記事検索があり・・・と、トップページの 中で 他の人が 参加して 刻々と 変わり続けていますよね。
なんか、すごいなあと 思います。

だから、アフィリエイトなど 「 アクセスしてもらうことが ひたすら 重要な 要素である サイト 」 も 成り立つ訳ですね。

ネットを 見て回りますと、 「 アフィリエイト 」 という言葉が あちこちで 出てきますが、ブログの 機能を フルに 活用すれば こういった 商売も 成り立つわけで、それを うまく 活用している 人たちには 感心してしまいます!


テンプレート 一つで 苦労してしまうなんて、まだまだ あまりにも 初心者の 域を 抜け出せないようです・・・。

posted by ふじりんご at 16:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

銀杏並木 が もうすぐ 見頃です


3連休だというのに、娘は 2日続けて アルバイト
息子は 会社の 同僚3人と 台湾へ旅行
夫は 関西。
わたしは 関東・・・。

本当だったら、毎年 紅葉の 季節は、蓼科で 過ごします。
夫は 関西から、わたしたちは 関東から、だいたい 中間地点の 蓼科で 集合 という訳です。

それが、今年は 家を 空けられない 用事が 入ってしまい、連休も なにも 関係なし、という過ごし方になりました。シュン・・・。

でも、わが街も、なかなか ステキなところが 多くて、その気になれば 結構 紅葉を 楽しむことが 可能です。

娘を 駅まで 送る 途中の、街路樹の イチョウ
これは、かなり 見事です。
まだ 色づきは 完全では ありませんが、今月の 末頃になると、それはそれは 見事な 黄金色の イチョウ並木が、道行く人を 楽しませてくれます。
もっとも、両側の 並木を 同時に 見るためには、歩く時よりも、車に 乗っている時が ベストポジションなのですが。

CIMG0190.JPG
家の 近くです  


CIMG0192.JPG  CIMG0193.JPG
犬の 散歩で よく 行く 公園も、少し 色づいてきました。


CIMG0201.JPG
駅の 近くです。
見事な 銀杏並木は 2kmほど続きます。
毎年、右側が 先に 黄色くなります。太陽の 当たり方が 多いみたいですね。



 



posted by ふじりんご at 12:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。