2007年09月20日

ブログ 最後 の 日。 締めくくり は チェロ で・・・。

昨年 の 9月21日 は わたくし 51歳 の 誕生日 でした。

あれから 一年、51歳 最後 の 日 である
本日 を もちまして、拙ブログ は 終了 いたします。


ラスト記事 に 何 を 書こうかなー と 思案 したのですが、

よく 考えてみると、

「 趣味 を ふやす 〜 チェロ 〜 」

という カテゴリー を 作っておきながら、
記事アップ は 二番目に 少ない 分野 でした。

よって、締めくくり は、
話題 の 少なかった チェロ に 関すること と いたします。

話題 に すること が 少なかった その 理由 は――

まず、独学 で 練習 を しているため、ほとんど 変化らしいこと が ない。
ブログネタ が ない と いうことです。  (苦笑)

次に、五十肩 や その他 で、けっこう さぼったり も するため、
事実、内容 が かなり とぼしいわけです。  (苦笑)×(苦笑)

ただ、自分自身 の 名誉 の ため に 言っておくと
( 名誉 なんて もの、ない のだけれども! )

練習する 時 は、けっこう 熱中して 頑張っています。

どこ が 悪い か、どこ を 直さなければいけない か、
独習 の ため わからないところ だらけ なのですが、
それでも 練習 する 時 は、まじめに かなり 集中 しています。

お手本CD と 同じぐらい の 雰囲気 で 弾けるように なるまで。

「 お手本 と 同じように 弾けたら 良し! と しよう 」

を 目標 に、ひたすら 練習 あるのみ です。

夫 も 娘 も ヴァイオリン で お世話 に なった あのスズキメソード の やり方 ですので、
同じ 曲 を 何度も、繰り返し 弾きます。
SUZUKI 2〜4 の 途中 まで、
毎日 毎日 CD を 聴き、ひたすら 繰り返して。
( 注: SUZUKI2〜4 までを、毎日 全曲 と いうわけでは ありません。 )

何ヶ月 も 弾かない という 曲 は 一つ も ないのです。

昔、ピアノ を 習っていた 頃 の 練習方法 だと、
いったん 「 上がり 」 に なった 曲 は、
もう そのあと ほとんど 弾きません。
しばらくぶり に 弾いてみると、
案外 指 が 動かなかったり することも ありました。

それが、スズキメソード だと、繰り返し 繰り返し、同じ曲 を 弾くので、
どの曲 も まあまあ 弾けます。

だから、あとは、
「 CD と 同じように 弾けるか どうか 」
だけ を 目指して。


しかし 今、五十肩 が 激しく 痛みます。

今のところ、左手だけ なので、
チェロ の せい なのか、
単なる 運動不足 の せい なのか わかりません。

毎日 体操 を していますが、
洋服 の 着脱 は 不自由、
背中 なんて 掻けない、
車 の バック も かなり 痛い・・・。

そうなると、チェロ の 練習 は お休み と なります。 (泣)
何日 も 続けて お休み と なります。 (泣)×(泣)

自分 の 肩 と 折り合い を つけながら、
「 大丈夫 かなー 」
「 まだ ダメ かなー 」
と 問いかけ の 日々 と なります。

一ヶ月 近く チェロ を 弾かない日 も ありで、
そのあと、また 一 から やり直し です。
SUZUKI 2〜 を また 最初 の 曲 から、
一曲 一曲 さらって いきます。

年中、その 繰り返し ・・・。
だから、ブログネタ は、ほとんど ないのです・・・。


それでも、チェロ だけ は、細く 長く、とにかく 続けて いきたい と 願っています。

夫 の ヴァイオリン と 合わせられるよう に なれれば、最高 ですが、
そこまで は 行かなくても、
昔 の 友人 と アンサンブル が 出来るように なるまで・・・。
昔 の 友人たち の ように、オーケストラ で 演奏 できるように なるまで・・・。

先日 開かれた 「 関東在住 プチ 同窓会 」 に 集まった 大学オケ の 仲間たち も
チェロ奏者 が 3人、ヴィオラ奏者 が 2人。フルート奏者 が 3人 ( うち 一人 は のちに 指揮者 に 転じる )。

CIMG1291.JPG
六本木ヒルズにて 


合計 8名 が 集まりましたが、
30年前 に 同じ 空気 を 吸っていた 仲間 が、
今 も オーケストラ活動 を している、と いうこと が 大きな 励み に なっています。

もちろん、仕事 の 忙しい 50代。
すっかり 離れて しまっている 人 も いますが、
それでも、また 何年 か 後 に リタイア した あと は、
きっと 音楽 に 戻るだろう 仲間 です。


50代 に なって、そろそろ 考え始めた 第二 の 人生。

「 出来るだけ 世の中 の お役 に 立って、ご恩返し を したい! 」

と いう 意識 と ともに、

「 楽しく、気持ちよく、ゆったりと、平和 に 過ごしたい! 」

と 強く 願います。



実は、この 一週間ほど で、なにか が 大きく 動いています。

沿線情報 の Webサイト の 管理、企画、運営 に 携わることになりました。
また、これから 先、新たに、お山 の 生活 が 加わること に なりました。
今まで のような 一年 に 数回 の 滞在 では なく、
長期滞在 を 視野 に 入れた 生活 も スタート いたします。

地元 での ボランティア活動、コンサート の 開催、
そして 新たな 仕事 に プラスして、
HP も さらに 活性化 させたい。

ゆったりと、平和 に 過ごしたい 気持ち とは 裏腹 に、
まだ しばらくは、忙しい 日々 が 続くかも しれません。

だからこそ、高原 の マイナスイオン
エネルギー源 として 取り入れたい、とも思います。

自然 の 中 で、なるべく その地元 の 食材利用 と、
出来れば 自給自足 を 心がけ、
晴耕雨読 では ないけれども、
雨 の 日 や 雪 の 日 は、
家 の 中 で 夫 の ヴァイオリン が 響く ことでしょう。
孫 と 遊ぶような 日 も いつか やってくることでしょう。

そして、やはり わたくし自身 も、楽器 を 一生の友 として 生きていきたい!

ピアノ、フルート、チェロ へと 幾多 の 変遷 を 経て、
今 チェロ へ と 落ち着きました。
いつの日 か、友人たち と アンサンブル できること を 夢見て、
五十肩 と 戦いながら、
これから も 無理せず、気長 に、 練習 に 励んでいきます〜〜〜。


・・・・・・・・という チェロネタ で、お話 は 終わり で〜〜す。




ブログ世界 から リアル世界 に 戻る に あたり、

たくさん の 皆様 に、
心から の 感謝 の 気持ち を お伝えしたい と 思います。

一年間、拙ブログ に お越しくださり、ありがとうございました。

たくさん の ご意見、ご感想 を お聞かせくださり、
励ましてくださり、
なぐさめてくださり、
一緒 に 喜んでくださり・・・、

本当に 本当に、ありがとうございました。

日本中 の どこかで、たくさん の お友達 が

きらきら輝いて let’s 50代!!

を 過ごしていらっしゃるだろうこと を、励みに、
わたくし も、これから の 日々 を 生きてまいります。

皆様 どうぞ お元気で!

さようなら!!

CIMG1292JPG.jpg




posted by ふじりんご at 21:56| Comment(27) | TrackBack(0) | 趣味をふやす〜チェロ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

独習チェロ道 の 哀しさ

独習チェロ道 で 練習しているため、
知らずに いたこと、
きちんと 知ろうと せずに、あいまい の まま 練習していたこと が、
多々 あります。

そんな中 で、一つ 大きな 発見 です!

先生 に ついて きちん と レッスン している 人 から すれば、
ごく 当たり前 の こと でしょう。
でも、手探り で すすむ 独習者 の わたし に とっては、

「 へえ〜〜、そういうことだったの! 」

と 新しい 発見 です。


★ 第4ポジション は、ネック の コーナー に 親指 を あてて、1 の 指 を 決めればいい、 のですね!?

★ 第4ポジション は、フラジオレット を 利用して 1 の 指 の 位置 を 探す、 のですね!?

★ フラジオレット の 音 を 頼りに、たとえば D線 で 1 の 指 の 位置 を 調整すると、この音 は、A線 の 開放弦 と 同じ音、 なのですね!?


わたしが、ポジションチェンジ を 独習した 本 には、
トップナット から 駒 まで の 長さ の1/4,1/3,1/2 の ところ に、
ばんそうこう を 貼る
という やり方 が 書いて あったのです。

昔、ヴァイオリン を 習い始め の 娘 も、
やはり 先生 から ばんそうこう を 貼って もらっていましたし。

だから、親指 の 位置確認 の ために、5mmほど の テープ を
指板裏側 の ネック部分 に 貼っていたのです。
音 を 確かめながら、全く の 自己流 で・・・。

第1ポジション から 第3ポジション の 時 の、親指 の 位置 を
その テープ で 探って いたのです。

( 世の中 の チェロ の 先生方、なんという 邪道だー と お思いでしょうか ? )

そして、第4ポジション に 関しては、 に たよって、音 を 取っていました。

慣れるしか ないのだろう と。
ひたすら 練習するしか ないのだろう と。

おかげで、第4ポジション で 弾くこと 自体 は ずいぶん と 慣れたのですが、
バシっ と 位置 を 決める よりどころ は、
ひたすら 自分 の 勘 が 頼り だったのです。

しかし、しかし、

「 ネック の コーナー に 親指 を あてて、1 の 指 を 決めればいい 」
だなんて !

「 フラジオレット という 音 を 利用して 1 の 指 の 位置 を 探す 」
だなんて !

今まで 全然 気づきませんでした!
あ〜〜 、哀しいかな、 独習チェロ です。

スズキ の 4巻、ブレヴァール の ソナタ も、マルチェロ の ソナタ も、
わたし流 の 「 ポジション探り法 」 に よって、
音 を 取っていたのです。

CD で 何度 も 聴いていれば、音 は とれます。
楽譜 に 4 とか 2 とか 指記号 が 書いてあるところ は、
その音 を 出すために 4 の 指 を 使うのだったら

「 は〜ん、第2ポジション なのだなー 」

と だいたい の 見当 を つけて、
だいたい の 勘 を たより に・・・。

こんな方法 で、よく 曲 を さらっていたものです!
我ながら 感心 してしまいます!

自己流、我流、マイペース、がむしゃら
なんでもあり です !

でも今日、★ の 発見 を しました。
これで、第4ポジション は 安定性 に 向かって、
「 がむしゃら 」 から 「 理論的 」 に
もう少し 成長 できそうです。

スズキ の 教則本 の 曲ばかり 練習して、
見て見ぬ振り を して ずっと 避けていた この本 が、
今日、あらたな ヒント を 与えてくれました。

ありがとう。鷹栖光昭先生!!






2007年05月27日

チェリッシモ ・ ブラビッシモ!

チェリッシモ ・ ブラビッシモ ???

なあに、それ ?

それは、12人 の チェリスト集団 の 名前 です。

その演奏会 が あったので 行ってきました。

そもそも この集団 の 結成 は、
1995年 の 阪神淡路大震災 まで さかのぼります。
6500人 に およぶ 貴重 な 命 が 奪われたあと、
悲嘆 に 暮れる中 で 何かできることは ? と 考え出されたのが

1000人 の チェロ・コンサート 〜阪神淡路大震災復興支援 〜

だったのです。
実際には 1051名? の チェリスト が 参加した 演奏会 は、
世界一 の 規模 として ギネスブック にも 認定 されました。

この時 の 演奏会 の 裏方 として 東奔西走した人たち が、
今度 は 横浜 で 200人規模 の 日韓親善コンサート を 開く。
山本祐ノ介さん 指揮 で、
韓国人チェリスト 30名 も 加わり、
亡くなられた 高円宮様 も 舞台 で 一緒 に チェロ を 弾かれました。

さらに、その 感動 の 火 を 消してしまうのは 惜しい ということで、
結成されたのが、チェリッシモ・ブラビッシモ だった というわけです。

「 1000人 の チェロ・コンサート 」 は、とても有名になり、今では チェロ を 弾かない人でも 知っています。

大学時代 からの 友人 である F氏 は、
「 1000人の・・ 」 の 開催 を、理事 として 支えました。
同じく 大学時代 からの 友人 である H氏 は、
1000人 の 時 も、200人 の 時 も、舞台 で 弾いていました。

そして 昨日、二人は、ともに 12人 の メンバー の 一人 として
見事 な チェロ を 披露 してくれました。

前半 は、ブラビッシモ創立メンバー の 方 を 偲んで、
高潔 で 透明感 のある 鎮魂曲 や 讃歌 の 数々。
特に

・クレンゲル■ヒムヌス ( 12 の チェロ のための 讃歌 )
・三枝成彰■チェロ のための レクイエム

は、12人 の 力量 を 試される 難しそうな 曲 です。

みんな 仕事 で 忙しい 合間 を 縫って、
練習 に 取り組んで いるそうです。
H氏 など、たびたび の 海外出張 の スケジュール と 練習スケジュール の 調整 が 難しいみたいです。

でも、より良い 音楽 を 目指して、
より良い チェロアンサンブル のために、
どんどん 要求されることも 高まって、
どんどん ハードル は 高くなって きているとのこと。

「 みんな、えらいな〜。 」
感心すること しきり。

後半 は、現代 の 名曲 の オンパレード。
「 イエスタデイ 」
「 オペラ座 の 怪人 」
「 世界に 一つだけ の 花 」
「 千 の 風 になって 」・・・。

ポップ な 感じ の 曲 も、12本編成 の チェロ曲用 に、とても 上手 に 編曲 されていて、
それぞれ の チェロ の 持ち味 が 十分に 発揮されていました。

やっぱり、チェロ って いいなあー
チェロだけ の 音色っ ていいなあー。
好きだなあー。

バイオリン族 の 夫 に 言わせると
「 なぜ チェロ族 は、あんなに チェロだけ 集まって やりたがるのか よくわからん。 」
だそうですが。

チェロ は 音域 が 広いため、
チェロだけ の 合奏 は とても 美しいのです。
重厚 な 響き から、透明感 溢れる 高音 の 響き まで、
音 の 紡ぎ合い が なんとも 言えない 心地いいのです

もちろん、他 の 楽器 との アンサンブル や
オーケストラ の 素晴らしさ は 別物 ですが。

F氏 も H氏 も、
30年ぶり の 再会 を 喜んでくれて、
また ヴィオラ を 弾く 友人K子さん も 聴きに 来ていたので、
実 は 大学同期 である 4人 は、
終演後 に ちょっとした ミニ同窓会気分 を 味わいました!

K子さん も 地域 の 市民オーケストラ で 弾いていて、
夏 には 演奏会 に 出演予定 だと 言う。
H氏 と K子さん は、時期 を 同じくして バンクーバー に いたことがあり、
一緒 に 室内楽 も していた とのこと。

「 な〜に、みんな、すご〜く 頑張っているのね〜〜 」

思いつく おもだった 弦 の 人々 は みんな、
なんらかの 演奏活動 を 続けていて、
音楽 を 楽しみ続けて います。

わが夫 も しかり。
関東 でも 関西 でも、もと大学オーケストラ の メンバー が 頑張っている 姿 は、
すごい 刺激 に なります。

やはり、オーケストラ ( アンサンブル ) 入会 目指して、
ここは やるしかないっ! ですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


去年 咲かなかった 「 ハーモニー
やっと 咲いてくれました!

CIMG0924.JPG

CIMG0932.JPG
posted by ふじりんご at 14:33| Comment(22) | TrackBack(0) | 趣味をふやす〜チェロ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

チェロで 「 浜辺の歌 」 を 弾く!

この 一週間、全く 楽器を 触りませんでした。
触れないと、触りたくなるもの・・・。

でも
「 ぎっくり腰は、クセに なりやすい。 」
と 聞いていたので、ぐっと がまんして、
それでは
「 チェロ の 楽譜 を 探そう。 」
と 思いました。

と 言って、一歩も 家から 出られないので、楽器屋さんへ 出向く訳 ではない。
Amazon とか 楽譜ネット とか、今は ネット上で 楽譜が 手に 入りますから、いろいろと 物色してみました。

そうしたら、見つけたのです!

YAMAHA の ぷりんと楽譜 」 という サイトです。

楽譜ネット 」 は 前から チェックしていました。
輸入楽譜 や、さまざまな 楽器 の 楽譜 が 検索できて、それらを ネット上で 購入できる サイトです。

ぷりんと楽譜 」 は、YAMAHA が 提供しています。
ここが 楽譜ネット や 他の 楽譜取り扱い店 と 違うのは、その名 の 如く

・楽譜 を ダウンロード できること。
・ダウンロードした 楽譜を 自分で 簡単に プリントアウト して すぐに 使えること。

という点です!

Amazon に 注文したとしても、最速でも 2日は かかります。
それが、「 ぷりんと楽譜 」 だと 「 今すぐ 」 楽譜を 手に入れることが できるわけです。

楽譜一冊の中には、難しくて 弾かないだろうと 思われる曲 や あんまり 興味のない曲 も 含まれています。
でも これだと 「 一曲 」 から 購入することが できます!

だから 弾きたい時に弾きたい曲だけ 手に 入ることになります。

「 これは いい! 」

独習チェロ道 まい進中 」 の わたしには ぴったりの サイトです!

さっそく、購入したのが

成田為三作曲「 浜辺の歌

チェロ譜 と ピアノ伴奏譜 付きで、315円也!

クレジットカード で 支払いを 済ませると、ダウンロード できる しくみです。
ダウンロードした 楽譜を、さっそく A4用紙4枚 に 印刷します。
せっかくだから、ちょっと 上等な スーパーファイン用紙 を 使います。

あらまぁ、もう 楽譜が 手に入っちゃった!

CIMG0757.JPG

これは 便利ですね〜。
ネット社会 の 恩恵 ですね〜。

チェロ曲は 今現在 41曲 用意されています。
たとえば、井上陽水さんの 「 少年時代 」 とか 美空ひばりさん の 「 川の流れのように 」 なんて 曲も チェロ用に 編曲されています。

「 アヴェ・マリア 」 「 オンブラ・マイ・フ 」 「 G線上 の アリア 」 などは もちろん すぐにでも 弾いてみたいし、それから 私が 今 目をつけているのは、

フォーレ の 「 夢のあとに 」  です!

数年前、「 北の国から 」 で 蛍が お医者さんと 駆け落ち してしまう話 の 時、何度も 何度も 番組内で 流れていて、いつか この曲 を チェロで弾いてみたい! と 心に秘めていたのです。

それが、もう 目の前に!

独習チェロ ですから、
「 そんなむちゃな。 」
と 先生から 諭されることも ありません。

「 弾きたい曲 を 弾けるように なってみせる 」
が 独習チェロ の 強みです。

明日から、スズキの4巻「 マルチェロ の ソナタ ホ短調 第一楽章 」 と 「 浜辺の歌 」 ・・・ スタートしま〜す。






posted by ふじりんご at 00:53| Comment(27) | TrackBack(0) | 趣味をふやす〜チェロ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

「 50の手習い 」 独習チェロ 進捗状況

50 の手習い 」 で 始めた チェロ です。
正確には、7年前の 40代で 始めたのですが、家族の いろいろな 事情が 出てくる 時期と 重なって、中断、休止 を 何回も 繰り返しました。
結局、「 独習 」 に 落ち着いて、毎日 練習できるようになって、まだ 二年も 経っていません。

多くの チェロ愛好家の 皆さんが、ブログに レッスン記録 や 発表会までの苦労話 などを 書いていらっしゃいます。

そういう 記事を 読んでいるうちに、わたしなりの 疑問が 湧いてきました。

なんで、わたしは チェロを 独習で やっているのだろう??

「 独習 」チェロ ―。
レッスンに 通っていらっしゃる方から 見れば、「 無茶 」「 無謀 」「 有り得ない 」 などが 正直な 感想では ないでしょうか。

楽器を 独学独習で 学ぶことは 不可能 なのでしょうか?
あるいは、反対に 楽器を 独習することは 可能 でしょうか?

―わたしは 可能だと 思います。

もっとも、可能だと 思うに至る それなりの 「 時間 」 を 過ごしてきたのも 事実ですが。

■幼少の頃から、母親が 芸大に 行かせる事を 希望したこともあって、本格的な ピアノの研鑽 を 積みました。
(結局、進んだ道は音楽とは関係ありませんでしたが。)


■大学オケ で わたしは フルートを吹いていましたが、弦楽器を 全くの初心者として スタートさせる人も たくさんいました。
( ヴィオラ や チェロ や コントラバス )

そんな人たちは、一年生の頃は 先生に つきますが、あとは 先輩たちが 手ほどきしてくれたり、仲間と 練習するうちに 自然と 弾けるように なっていきます。
大学での 勉学以外に かなりの時間を 楽器練習に 費やさなければなりませんので、挫折していく人も 中には いますが。

わたしは、フルートよりも ピアノ を 活かして、ピアノトリオ、クィンテット などなど、ずいぶん 弦楽器の人たちと アンサンブル を 楽しみましたが、ほぼ 独習で マスターした 弦楽器奏者たちを ずいぶんと 見てきています。

そして、そんな人たちは とても 熱心に練習していたこともあり、すごく 上達していきました。
50歳を 過ぎた 今も 現役で 市民オケ や アンサンブル に 属して 弾いている人も たくさん 知っています。


■子供が 生まれてからは、息子の ヴァイオリンは 夫 が 先生 を して、日頃の 練習は わたし が 見ていました。

娘の ヴァイオリンは 始めから 「 才能教育 」 に 通いましたので、10年間ほど レッスンに 付き添って、間近で 練習のノウハウ、先生からの指摘 などを 頭に たたき込みました。


・・・・・このような 「 時間 」を 経て、自分自身の チェロを スタートさせた時、一年間の 個人レッスン を 受けた後は、「 独習 」 できるだろう と 勝手に 判断を 下したのです!

「 無謀 」だったかな?
と 思った時も もちろん ありましたー。

ポジションチェンジ など、わけわからなくて、チェロに関する インターネット上の HPを 訪ねまわったり、やさしい 解説付きの 教則本 を 買ってきたりして、なんとか 自己流で マスター しました。

最初に 先生が 買ってくださった 「 ウェルナー 」 は 勝手に やめてしまいましたー。
独習を 始めてからは、「 スズキのチェロ教則本 」 ばかりです。

今は 4巻の「 ブレヴァール の ソナタ ハ長調 」、自分なりに 完成させました。
アレグロ 」 も 「 ロンド 」 も 一応 終了です。
そして、「 マルチェロ の ソナタ ホ短調 第一楽章 」 に 進みつつあります。

「 50の手習い 」 ですもの。
弾ければ それでいいのでは?

音程を きちんと 取って、曲の イメージを 作り上げて、最後まで 落ちないで 弾くことが 出来れば、 「 それで良し 」 と 勝手に しています。

曲の作り方力の抜き加減出来ないところの練習方法 は、今までの 楽器経験で 教え込まれた部分 も ありますし、いつのまにか 身についてきた 部分も あります。

ただし、専門家に ついていない分、ハイポジション の 弾きかたや、早い パッセージ部分 の 弓の 使い方 など、わたしが 見落としている 部分 が 多々 あるのだろうなあとも 思います。

いつか 手に 負えなくなって、「 やっぱり 先生に 習おう 」 と なるかもしれません。

でも スズキの8巻 ( 最終巻 ) まで、なんとか 独習 してみたいと 思っています。
それが 終わったら・・・。

いよいよ 市民オケ、デビュー できるでしょうか???

毎日、午後三時 からの 一時間チェロタイム です。
あっという間の 一時間が 終わると、それ以上は 頑張りません。
それ以上 弾くと、なぜか 雑に なってくるし、集中力が 切れてしまうのです。
やはり このあたりが 「 50代 」です。(笑)

「 最初から チューナーにばかり 頼らないように 」
と、夫が くれた 「 音叉 」 と、
磨り減り加減 を みては
「 うーん、だいぶ 練習しているね。 」
と 自分で 悦に 入っている 「 松脂 」 です。

CIMG0696.JPG  CIMG0695.JPG
posted by ふじりんご at 14:03| Comment(20) | TrackBack(0) | 趣味をふやす〜チェロ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

久し振り の チェロ練習

ほぼ、一ヶ月ぶりに チェロを 弾きました。                                              
一ヶ月も 弾かずにいると、要らぬ力があちこちに 入ってしまい、さすがに 疲れます。                     
よって、今日は 軽く小一時間だけ。

せっかく、スズキメソッドチェロ教則本 第4巻に 入っていたのに、また 第2巻まで 戻ります。
さすがに 第1巻まで 戻ることは ありませんが、今日は 第2巻、明日は 第3巻を 弾き、徐々に 慣らすつもりです。 
第4巻に 入れるのは、明後日以降かな、という感じですね。

ヴァイオリンは、小さい時から 始めないと なかなか 難しい 楽器だと 聞きます。
左手を ひねって、その ひねった 形のまま 弦を 押さえるという ワザ が、小さい頃の まだ 骨も 柔らかい時からでないと、難しいのでしょうか。 
 
そう言えば、ヴィブラートの かけ方を 見れば、その人が 小さい時から ヴァイオリンを 弾いている人か、大人に なってから始めた人かがわかるみたいですね。

それに 比べると、チェロは 左手を ひねりませんし、弦の 押さえ方も オーソドックスです。                          
ヴァイオリンに 比べたら、すごく 入りやすい 楽器だと 思います。
                           
息子が 大学生に なったときに、私は チェロを 始めたのですが、楽器が 始めて 我が家に やってきた日の夜、息子は 早くも、わたしの チェロを 弾いていました!
もっとも、これは小さい頃に ヴァイオリンを していたからなのですが、かなり 簡単そうに ヴァイオリンの 曲を 弾いておりましたので、    
じゃあ、わたしも きっと 出来るわ。 」 
という、へんな?自信を持ってしまったのを 覚えております。

大人に なってからでも 出来る 楽器
チェロ です。
  
夫と娘はヴァイオリンを 弾きますが、ギターを 少し かじった以外は スポーツの方に 走った息子は、もう ヴァイオリンが 弾けません。
でも、チェロなら、かなり 楽に 弾いている。 

それでは、私が この世を 去るとき、チェロは 息子に 譲りましょう
「 遺言に 書いておく 」 ということを忘れないようにしなければ・・・!

それまでには、まだ 30年ぐらい あると 思いますので ( 希望的観測 ) 、せいぜい チェロを 弾いて 楽しみましょう。                                                もう少し 上達したら、夫が ヴァイオリンと 合わせてくれるかもしれないしー。
一緒に アンサンブルをしよう、と 誘ってくれるかもしれないしー。
でも、楽器に関してはとても厳しい人だから、一生懸命に練習しないと・・・。
                                  
今の 希望は、 「 上手になって 市民オーケストラで 演奏する 」 こと。 
頑張れば、5年ぐらいで これは 叶うかもしれない、と思うのは「 オバタリアン 」 の 楽観的空想でしょうか・・・。
posted by ふじりんご at 21:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 趣味をふやす〜チェロ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

「 純情きらり 」 の 楽譜を 買いました。が・・・

今日の午後、楽器屋さんへ 行き 「 純情きらり 」 の楽譜を 手に入れてきました!

半ページ分の 曲です。
そんなに 難しそうでもないなぁー、これだったら、弾けるかなぁー。

CIMG0153.JPG


ところが、ところがです!
私の 苦手とするものが 目に 入ってきました。

CIMG0154.JPG

これです。
テノール記号 」 というヤツです。


こんなの、学校では 習いませんでしたよね。
わたしは、ピアノを 習っていたので、自然と 左手部分の 「 ヘ音記号 」 は 習得しておりました。
また 学生時代に 大学オケで フルートを 吹いていたのですが、フルートに 必要なのは 「 ト音記号 」 のみです!
ヴィオラ奏者たちが、使っている 楽譜の ヘンな 記号が 理解できなくて、 「 まぁ、私とは関係ないかっ。 」 と 見て見ぬ振りをして すませてきました。
別に 何も 問題なかったしー。

チェロを 始めてからも、今までは ずっと 「 ヘ音記号 」 だったのです。
まさか 今日になって 「 テノール記号 」 が 出てこようとは・・・。
それも 「 純情きらり 」で・・・。

高音域になれば、この記号が 出てくるのは、まあ 当然と言えば 当然だった訳ですが、なんか やっぱり ショック。


CIMG0157.JPG

フツーの人は、上の 楽譜を 見て 「 シーラミー、ファファソソーラ・・・ 」 と 読みます。
つまり 「 ト音記号 」 で。

でも、この読み方は 「 テノール記号 」 で
「 ラーソレー、ミミファファーソ・・・ 」 と なるのです!

もし これが 「 ヘ音記号 」 だったら
「 レードソー、ララシシード・・・ 」 と 読むところです。
そして、わたしは まさに これを
「 レードソー・・・ 」 と 読んでしまいそうなのです!

もうー、頭 ぐちゃぐちゃになりそうー

まぁ、鉛筆で 「 ラーソレー・・・ 」 と 楽譜に 書き込んで置けば すむだけの 話ではありますが。

これから 「 テノール記号 」 が ひんぱんに 出てくることを 覚悟せねば ならないようです。
ちょっと 鈍ってきている 頭の 体操 には、もってこいと いったところなのでしょうが・・・。


posted by ふじりんご at 18:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味をふやす〜チェロ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

「 純情きらり 」 を チェロで 弾いてみたい!


ここ一週間、なかなか チェロが 弾けません。

忙しい 用事が 続き、外出が 続くと、どうしても 一番犠牲に なるのが、 「 チェロ を 弾くこと 」 です。

子供の頃、どんなことが あっても ピアノの 練習は 毎日 していました。
遠足の日も、運動会の日も。

学生の頃、大学オケで フルートを 吹いていた時、やっぱり 毎日 フルートを 吹いていました。

ところが、主婦になると、まず 第一に しなければならないのが、家事です。

料理、洗濯は ほぼ毎日、掃除は まぁ時々だけれども、買い物だって あるし。
もちろん、それに 加えて、育児に 追われる 日々。

これらに 取られる 時間って、子供の頃や 学生時代には 想像も できなかったほど、コマゴマ、ばたばた、めまぐるしく どこまでも 続きます。

ようやく今、育児からは かなり 解放されましたが、それでも家事、雑用、交際、外出などが 続くと、やっぱり チェロに しわ寄せが・・・。

まぁいろいろ言っていないで、今日は 頑張って 弾こうっと!

今 練習しているのは、

鈴木鎮一 チェロ指導曲集 3 』 新版 [ CD付 ] 才能教育研究会 です。


1巻、2巻と 進み、この 3巻も 最後の 曲まで いったので、今は 繰り返し 繰り返し おさらい しているところです。

次に進むのは、4巻

suzukicello4.jpg

ですが、その前に


純情きらり 」 の チェロ曲を 弾いてみた〜い!


kiraricello.jpg


今では、 「 芋たこなんきん 」 の 「 ひと〜りより、ふた〜りなら 」 の 歌が 早くも 耳に 残るように なりましたが、少し前までは、長谷川陽子さん 演奏 「 純情きらり 」 の 美しい テーマ曲が 頭の中で 響いていたものです。

でも、今の 私の レベルで 弾けるのかなぁ。無理かなあ。
早く、楽譜を 手に入れて みなければ・・・。








posted by ふじりんご at 14:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味をふやす〜チェロ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

50 の手習い チェロ

どうしても 弾いてみたかった チェロ
息子が 大学生になったのを 機に、念願かなって チェロを 購入したのが 7年前

夫に ○十万円 出してもらい、私が コツコツ貯めた貯金から ○十万円 出して、ようやく手に入れた チェロ です。

cello.JPG

全くの 初心者 なので、始めはきちんと 先生について 習っていました。

1レッスン 一時間 で 5000円。
それに 先生の出張料 1000円 を プラス して
一回の レッスンは 6000円 でした。

月に 二回の レッスンを 一年間 続けたのですが、そのあとは 完全に独学 です。


だって、このあたりの 年齢の 7年間には いろいろあるのです。

・ 夫が サラリーマン を辞めて 自営業 を スタートさせた 時期。
・ 義母 が 病に 倒れ、新幹線を 使って 介護に 通った 日々。
・ 娘が 大学受験 で 浪人生活 をした 時期。

などなど

ほとんど 楽器に触っていない 年も ありました。


ようやく、2006年に 入ってから なんとか また
練習 できるようになりました。

とにかく 今は 独学 ですから、それなりに 楽譜も 自分に合ったものを 選んで。


参考 にしたのはこんな 初心者向けの 教則本 です。

初心者のためのやさしいチェロ入門 (楽譜)
鷹栖 光昭 (著), 升田 俊樹 (著)
??????????nyuumon.jpg




そして、チェロ を 弾く人が 必ずと言っていいほど 取り組むのが

ウェルナーチェロ教則本(1) (楽譜)
藤沢 俊樹, ウェルナー (著)
werner.jpg




ピアノ でいえば、「 ハノン 」のような 教則本 です。


ふじりんごも、ちょっぴりイヤイヤながら 取り組んでいます。
繰り返し 繰り返し、同じような、でも ちょっと違う 弾き方で 練習 を重ねるだけの ウォーミングアップ本 なのですから。


でも、50代 になって 始める 楽器演奏 って、どれだけ 上達 するか、どれだけ 楽しめるか、 ワクワクドキドキ ものですよね。


posted by ふじりんご at 11:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味をふやす〜チェロ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。