2007年07月19日

4日 で 800キロ 走る!

この 四日間 で、800キロ、 車 で 走りました。

関東 と 信州 を 二往復 です。

信州 に 用事 が あって、まず 夫 と 信州 で 合流。
次 に 東京 に 用事 が あって、今度 は 夫 の 運転 で 自宅 へ 戻る。
また 次 の 日、 信州 に 用事 が あって、ふたたび 信州 へ。
今日、それぞれが、関東、関西 に 戻りました。
フゥー。

結局、私自身 が 運転 したのは、一往復 の 400キロ だけ ですが、
短期 で 長距離 を 移動 する と いうこと、
この歳 に なると かなり 疲れます。

Q も、行ったり 来たり の 車中、じっとしているだけ なのだけれども、
やはり 疲れた 模様。
今日 夕方 の 散歩 は パス です!



時間 が あまり なかったのですが、
大急ぎ で 「 ゆり の 里 」 へ。
富士見高原スキー場 が、
夏場 の 7月8月 は、ゆりの里 へと 大変身 するのです。

しかし、 リフト で 上 の 方 へ 行っても まだ 咲いていない とのこと。
下 の 方 だけ、それも 満開 までは もう少し でしょうか?

CIMG1111.JPG
CIMG1119.JPG
CIMG1122.JPG 
 

今日 の 午前中、車 に 乗る 前 に Q の 散歩 を 。
教会 の 見える 遊歩道、わたし の お気に入り の 場所 です。
CIMG1132.JPG


帰り道、たてしな自由農園
いつも なにかしら 土地 の もの を 買います。

今回 の 買い物 は
★ ルバーブ
ジャム に します。
★ 黄色い ズッキーニ
黄色 って 珍しい ですね。
★ 赤シソ ( 色 の 出 が 良い 新種 だそうです )
もう一度、シソジュース と ゆかり に チャレンジ するため です!
CIMG1139.JPG



中部信州 は、地震 の 影響 は ないようで、
地元 の 人たち も 平常どおり でした。

新潟 ばかり 集中して 地震 や 集中豪雨 が 襲うなんて、
本当 に お気の毒 な こと です。

北部信州 の 皆様 も 含めて、
心 から お見舞い 申し上げます。

posted by ふじりんご at 17:16| Comment(12) | TrackBack(1) | 旅/散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

シソジュース を 作った 後、ゆかり を 作る

毎年 シソジュース を 作ります。
今年 も 作りましたが、
作った先 から 差し上げて しまうので、
結局 すぐ なくなってしまいます。

CIMG1102.JPG  CIMG1078.JPG  
写真右 の ペットボトル ( 右2本 ) も 差し上げ用 です。

さて、今年 は、
「 シソジュース で 使って しぼりかす と 化した 赤シソ リサイクル できないものか 」  
を 考えてみました。

だって、300グラム の シソ って、かなり の 量 ですよ。
かなり 大きな ビニール袋 いっぱい か、
あるいは 枝ごと 何本 も まとめて 売られています。

生ゴミ堆肥 を 作るように なってから、
少しでも ゴミ の 量 を 減らしたくて、あれこれ 知恵 を 絞っています。
( 堆肥作り に 使用 する ゴミ の 量 が 多すぎても、
土 に 返る 時間 が かかるだけですから。 )

まず、どうしていいか わからなかったので、とりあえず は、
しぼりかす の 赤シソ ( 今 は もう 緑色 です ) を
一枚一枚 広げて、干して みました。

CIMG1076.JPG

ネット で 調べてみたら
「 シソジュース の シソ から ゆかり を 作る 」
と いう 情報 が 何件 か ありましたよ〜。

そこで、ゲット した 情報 を もとに
干した シソ を もう一度 一同 に 集めて、
を 適当 に 振りいれながら、揉んで いきます。

CIMG1088.JPG

しばらくすると、黒い汁 ( アク ) が 出てきました。
CIMG1089.JPG
アク を 取り除いて、
今度 は レモン汁 を 一個分 入れ、
さらに 揉んでいきます。

しぼりかす だったはず の シソ から、
まだ 赤い 色素 が 出てきましたから、ビックリ です。

「 がんばれ、がんばれ、 」
と 応援 しながら、最後 の 一滴 まで、
シソ から 色素 を ひきだしました。
CIMG1090.JPG

300グラム の シソ が、ずいぶん と 小さく なったものです!!
これ を、色素ごと ビニール袋 に いれて、一晩 冷蔵庫 へ。

今朝、取り出したもの を、今度 は 乾燥 させます。
天日干し が いいのでしょうが、今日 は 台風4号 の ため、雨。

よって、レンジ で 2分 ぐらい チン する・・・ を 合計 で 10分 ぐらい。
完全 に、ぱさぱさ に なりました。
CIMG1091.JPG ⇒ CIMG1092.JPG  

これ を すりこ木 で 細かく 砕いて いくそうですが、
そんな 力仕事 は パス です!

なんせ、最近、50肩 に 悩まされて おりますので。
CIMG1093.JPG
電動ミル で、一分。
できました!

りっぱな ゆかり に へんし〜〜ん!
ただし、あんな に たくさん あった シソ から たった の これっぽっち です!
CIMG1098.JPG


でも、シソジュース の しぼりかす を 無駄 に すること なく、
ゴミ を ふやすこと なく、
無事、シソ の リサイクル に 成功 しました〜〜!

お味?
市販 の ゆかり と 変わらない 、いわゆる ゆかり の 味 でしたよー。


posted by ふじりんご at 11:34| Comment(18) | TrackBack(1) | 衣と食と住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

直木賞候補作家 を 読む  森見登美彦  VS  万城目 学

5月 に 森見登美彦さん 『 太陽 の 塔 』 を 読みました。

京都 を 舞台 に した 大学生 の 失恋ファンタジー が、
とても 懐かしい 雰囲気 に 満ちており、
70年代 に 大学生活 を 送った 50代 の 我々 でも
共感 できる 部分 が たくさんある と 感じました。→ 5月14日のブログ

次に 『 夜 は 短し 歩けよ 乙女 』 を 読む べし、
と ブログお仲間 の おかだあんのさん の オススメ も ありましたので、
『夜は短し・・・』 を 買ったのですが、
書店 には 隣 に 万城目 学さん の 『鴨川ホルモー』 『鹿男あをによし』
平積み されていました。

なんだか、雰囲気 が 似ているような ご本 では ありませんか。
で、ちょこっと 興味 を 持ちました。

万城目 学さん と いう 作家 も、同じ頃、京都 の 学生 だった という。

森見さん は 農学部出身、
万城目さん は 森見さん より 3学年 ぐらい上 の 法学部出身 で、
芥川賞作家 の 平野啓次郎氏 と 同学年 だとか。

となると、なぜだか 比較 して みたくなる のが 人情 と いうもの。

そこで、平等 に 二冊ずつ 読み比べて みよう、
どちら が 直木賞 に より 近いか、わたし なり の 感想 を・・・
と 思った 次第 です。

   



◆ 万城目 学 『 鴨川 ホルモー 』

読み始めてから 三分の一 ぐらい は、さっぱり わからない こと ばかり。

ホルモー?  なに それ?  ホルモン焼き?

どうも 陰陽道 の 知識 が ちりばめられているようだ、と 思ったものの、それも 初め だけ。

中盤以降 に なって ようやく 「 ホルモー 」 が 何 なのか わかって くるのですが、ちょっと 全体 に 荒削り の 感 あり。

人物設定 が 全く 不明 の 登場人物 が います。

しかも 登場人物 は 学生 ばかり。
( 一人 だけ、あべさん という 老人 が 出てきますが )

「 きっと 次 は こうなるんだわー 」
と、話 の 展開 が 私 でも 読めてしまう ところ も あります。


◆ 万城目 学  『 鹿男 あをによし 』

二作目 は、一作目 より も 数段 いい感じ です。

人物 が みな いきいき している。
構成 も しっかり 考えて ある。
主人公 の 精神的成長 という サブストーリー も 上手 に 盛り込んで ある。

そして、こんな ストーリー を 考え出す 人 が いるんだー!!!  と いう 驚き。

鹿 と 狐 と 鼠、なまず、卑弥呼、三角縁神獣鏡、鹿島大明神、地震・・・。

このような キーワード を つなぎ合わせて 一つ の ストーリー を 紡ぎ出す。

ちょっと 人 が 考え付かないような 面白い 物語 です。

とは言え、話 の 展開 は 推理しやすい 部分 も。 
(注 : これでも 推理小説、昔 から けっこう 読んで います。 )

心理ストーリー は、あまり ありませんが、それでも 主人公 の 成長 は 伺える。

ラスト は、だいたい 想像通り。 ( 笑 )


◆ 森見登美彦 『 夜 は 短し 歩けよ 乙女 』

登場人物 が 面白い 人 ばかり。 
老若男女、奇人変人 ばかり です。

ストーリー は 京都 の 四季 を 背景 に、
ありふれた 片思い の 恋 を ずーっと 見つめて いくだけ。

でも、心理描写、微妙 な 心理 の アヤ、ひだ が
何とも いえず 上手 に 描いて あります。

そして、手法 は、主人公 と 片思い の 女学生 の 二人 の 視線 で、
交互 に、互い の 立場 から 描く、 と いうもの。

場面 は、非常 に 近い 接近戦 なのに、
とんと 心 は 離れて おり、
二人 の 接点 も ほとんど ない。

それなのに、読んでいて、ぐいぐい と 引き込まれるのです。

春、夏、秋、冬 と 来れば、
冬 の ラストシーン が どうなるのか、けっこう 気に なるもの。

・・・ラストシーン、いいですねぇ。

よく 知っている 百万遍 の 進々堂 が 舞台 なだけに、
懐かしくって、なんだか 切ない ような、淡〜い ような、
胸キュン の 気持ち も 味わって ・・・

気持ちよく 読み終わる こと が できました。



さあーて、ワタクシ 的 には・・・・・・・・。

★ 森見氏 に 一票 です。★

「 万城目氏 は、いずれ 直木賞 を 獲るだろう 」 とは、帯 の ことば。
By 金原瑞人氏。( 金原ひとみさん の お父上 )

一作目 から 二作目 まで の 急成長 を 見ると、その 勢い は、森見氏以上 かも しれません。

いずれ 本当 に 直木賞 を 獲る 作家さん なのでしょう。

でも、今 は まだ・・・・、  という 気 が します。

森見氏 の 格調高い 文体 が 好きです。
千 と 千尋 ・・ の ような、
トトロ の ネコバス の ような、
そんな ファンタジー も 好きです。

黒髪 の 乙女 の 品性 も、雰囲気 も、天然ボケ も、
けっこう はまります。

ようするに、森見さん の 作品 の 方 が 個人的 に スキ! と いう 訳ですわ。

次 に 読む 作品 も ちゃんと 買って あります!
『 新釈・走れメロス 』




“ 森見、万城目 ダブル受賞 ”だったら、
京都 大好き 人間 と しては、大変 面白い のですが。

それは、“ 夢 の また 夢 ” だろう と いうことで。
 
あと の 作家さん・・・、実 は 知りません。
読んだこと ありません。

▼ 北村薫さん・・・ずいぶん 年長 の 作家さん だと 思いますが、実は 読んだこと ありません。

▼ 桜庭一樹さん・・・ゲームシナリオ でも 有名 な 作家さん だとか、知りません。

▼ 畠中 恵さん・・・ ベンジャミンさん の ブログ で 教えていただいた 作家さん。
以前、漫画家 としても デビュー されています。
『しゃばけ』、 候補作品 『まんまこと』 共に 本屋さん で 平積み ですが、まだ 読んでいません。

▼松井今朝子さん・・・長らく 松竹株式会社 に 勤務して、歌舞伎 の 企画・制作 に 携わった 方 だそうで。 読んでいません。

▼三田 完さん・・・NHK、(株)オフィス・トゥー・ワン にて 放送番組制作、音楽制作 等 に 携わった方 だそうで。 読んでいません。

これだけ 「 まだ 読んでいません 」 状態 で、
森見氏 と 万城目氏 だけ を 取り上げて、

「 さて、直木賞 は 誰 の 手 に・・・? 」

なあんて、言える 訳 ありませんわね。

浅田次郎さん が 新た に 選考委員 に なったそうです。

浅田さん の 作品 だったら すべて 読んでいますので!

よって、浅田次郎さん に お任せ いたします。 ( 因果関係 意味不明 ) ( 笑 )


posted by ふじりんご at 15:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

外食 サンデー

今日 の 朝食 は、
・パン
・紅茶
・フルーツ と カスピ海ヨーグルト
( 5年以上 同じ タネ から 作り続けています )

お昼前 から 出かけるので、朝 は 少々 控えめ に。


昼食 は 勝どき の 「晴海トリトンスクエア 」 にて
・「 下高井戸 旭鮨総本店 」  にぎり 1050円
・「 セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ 」 カプチーノ 320円

CIMG1072.JPG


午後 トリトン 第一生命ホール にて
東京アカデミーオーケストラ 」 演奏会 無料招待

◆ブリテン:フランク=ブリッジの主題による変奏曲
◆ラヴェル:組曲「クープランの墓」
◆プロコフィエフ:古典交響曲作品25


CIMG1073.JPG 
CIMG1074.JPG 
CIMG1075.JPG   


終演後 トリトン内 を ウィンドーショッピング。
グリーンデリ ( インポートフード & 雑貨・カフェ ) にて
・買い物 マンゴー紅茶 630円
・ティータイム ケーキセット 575円

帰路、駅 に 着いたら 息子 から 電話。
髪の毛 を 切り に 地元 まで 帰って きた とのこと。

「 今、こっち に 来てるけど、ご飯でも 一緒 に どう? 」

これ は まったく の サプライズ!!
息子 が ご飯 に さそってくれるなんてー。
車 で 駅 まで 迎え に 来てくれて、
中華料理 を コース で ご馳走 に!!



マチネ の コンサート に 行って、
今日 は ずいぶん と 安上がり の 日 だった と
かなり お得感 が ありましたのに。

おまけに お昼 も 夜 も 外食デー !!

こんな ラッキー な 日 も あるもの なのねー、と
我ながら ビックリ の 一日 でした。


直木賞候補 の 森見 登美彦 さん と 万城目 学 さん を 読み比べよう と、
今日 は 本当 なら 一日中
「 読書 サンデー 」 に なるはず だったのですが、
ずいぶん と 予定 が 変わってしまいました。

森見 登美彦 さん
『 太陽 の 塔 』 読了。
『 夜 は 短し 歩けよ 乙女 』 読了。

万城目 学 さん
『 鴨川 ホルモー 』 読了。

現在 『 鹿男 あをによし 』 進行中。

17日 の 直木賞選考会 まで に、
なんとか 平等 に 二冊ずつ 読み終える つもり―
の 予定 なのですが。

明日から の 一週間、
会議 やら、 ボランティア の 仕事 やら、母 の 手伝い やら、 蓼科行き やら、
珍しく 連日 の スケジュール。

はたして、読了 できるか どうか・・・。







posted by ふじりんご at 23:28| Comment(12) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

歌舞伎 と 能楽  伝統芸能 比較 考

前回、歌舞伎 を 観たのは、確か 6,7年前 になります。
それも、東銀座 の 歌舞伎座 3階席 あたり でしたので、
ただ単に 雰囲気 を 楽しんだ だけです。

今回 は、あるホール で 行われる 年1回 の 貸し切り公演。
お席 も 1階 の 中ほど 中央通路寄り という とても 観やすい お席 でしたので、
じっくり と 拝見すること が 出来ました。

そういえば、このホール で 前回 観たのは、
片岡孝太郎さん の 襲名披露公演 でしたが、
まだ 私自身、伝統芸能 に さほど 興味 の なかった 頃 の 話。
その時 は、きっと もったいない 観方 を したこと と 思います・・・。

一、 歌舞伎 の みかた
二、 近松門左衛門作 平家女護島 『 俊寛 』
三、 お祭り 清元連中

出演、 石川右近 石川笑也 市川春猿 市川笑三郎 市川段治郎 市川猿弥 市川門之助 ほか


市川笑三郎さん と 市川春猿さん の お二人 が
面白おかしく 解説 を してくださる
「 歌舞伎 の みかた 」 に よって、
音楽、効果音 に ついて 学ぶこと が 出来ました。

◆ 歌舞伎 では、舞台上手 に 一段 高い 舞台 を 設置 して
義太夫 の 太夫 と 三味線 による 演奏 が 行われます。

◆ 舞台下手 で、太鼓演奏 を します。

◆ 舞台上手 で、「 付け打ち 」 という 効果音 を 出します。
見せ場 や クライマックス で、上手端っこ に 置いた 板 ( 付板 ) を 拍子木 で 打ち鳴らすのです。

◆ 芝居 の 合間 に 客席から 「 大向う ( おおむこう ) 」 という 掛け声 を かけます。
大向う が ない と 芝居 が 進行 できない、とまで 言われる ぐらい 大切 なもので、
屋号 に 加え、「 日本一! 」 「 待ってました! 」 「 ご両人! 」
など の 言葉 を
「大きな 声 で はっきりと 」 叫ぶ のです。

今回 は、市川猿之助 ( いちかわ えんのすけ ) 家 の 公演 でしたので、
「 澤瀉屋 ( おもだかや ) ー 」 、 と 叫ばなければ なりません!

◆ そして、客席 からの 拍手
幕開き に 始まって、登場、見せ場、見得、立ち回り など、
ことあるごと に 拍手 で もりたてます。

こうしてみると、能楽 との 違い は 歴然 です。
」 の 能楽 に 対して、
歌舞伎 は 「 ( にぎやか ) 」 です。

また 能 が 「 最小 の 動き 」 で あるのに 対して、
歌舞伎 の 「 派手 」 「 大振り 」 な こと!

さらには、色 の 使い方 も 「 シック 」、「 侘び 」色、「 さび 」色 を 旨 と するのが 能 なら、
歌舞伎 は 「 ど派手 」 「 鮮やか 」 と でも 言いましょうか。

とにかく、全体 が、元気 いっぱい なのですね。


『 俊寛 』 と いう お話 は―、

平清盛 に 反抗 し、謀反 を 企てた 俊寛 が、
仲間 と 共 に 都 から遠く 離れた 鬼界ケ島 に 流されます。
後日、他 の 仲間 は 許されて 都 に 戻ること に なりますが、
俊寛 のみ が 許されず に 島 に 残される こと に。
その後、情 に 厚い 重盛 の 使い が やってきて、
俊寛 も 帰る こと を 許されます。
しかし、俊寛 は、離れ離れ に なってしまいそうな 若い 恋人たち の ために、
自ら は 島 に 残る 決心 を する、 と いう お話 です。
( 途中、ずいぶん な 省略形! で 失礼 )


能 にも 同じく 『 俊寛 』 が あります。

「 平家物語 の 中 でも、究極 の 悲劇 」 として の 位置づけ も 一緒です。

しかし、

● 俊寛 が 都 に 戻れないこと を 知って 嘆く 場面、
● 俊寛 が 都 から 来た 使者 と やり合って 切って しまう 場面、
● 極めつけ は、船 が 出港 した あと、一人 残された 俊寛 が 狂ったように 嘆き 悲しみ、岩 の 上 から 船 の 影 を ひたすら 見つめ続ける 場面、

歌舞伎 での 演技 は、とにかく 派手、大げさ な ジ ェスチャー です。

「 観客 に 観せる 」
「 観客 を 魅せる 」 を、
大変 分かりやすいように くふう しているのが よく わかります。

能 だったら、
「 己 の 心 の 中 で 情景 を 捉える 」
「 己 の 心 の 中 に 想像 を めぐらす 」 ような 演出 ですから、

「 静 」 「 シンプル 」 な 演技 の 中 に こめられた 俊寛 の 嘆き 悲しみ を、
観る 人 それぞれ が 心 の 中 で 反芻 しなければ なりません。


■ 能 は、心 の 内面 の 動き を 知るために、一挙手一投足 見逃さず に 追わなければ なりません。

■ 歌舞伎 は、事柄 の表象 を はっきり と しっかり と ( 大げさに ) 表す こと に よって、感情 の 動き まで 容易 に 把握 すること が 出来ます。

同じ 伝統芸能 でも、その コンセプト も 方法論 も 全然 違う のですね。

どちら が いい、と いう 問題 では ありませんが、
それでも やはり 感じるのは、

★ 能 = 不言実行型 の 武士
★ 歌舞伎 = 感情 豊かな 庶民

と いうような 比較 相違 の 構造 でしょうか。


最後 は 『 お祭り 』 。

江戸風俗 を 描いた 『 お祭り 』 は、軽快 で 粋 な 舞踊 です。
女形 の 芸者 と 活き の いい 鳶頭 ( とびがしら ) たち の 踊り は、
いなせ で あでやか !!

TV 「 さんま御殿 」 など で、
オカマチック な 雰囲気 を 振りまいている 市川春猿さん の 芸者姿 は
さすがー! でした。

ついさっき、悲劇 の 真っ只中 に 居た 人 が、
今度 は ガラっ と 変わって 軽快 な 踊り を 観せて くれました!


それにしても、お能 は、何回 観ても、わからない こと だらけ。
歌舞伎 は、一度 観れば、楽しめる。

さあー、この先、どのように 日本 の 伝統芸能 に 接していきましょうか???

posted by ふじりんご at 14:57| Comment(16) | TrackBack(0) | 日本の美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

朝 から サクソフォーン コンサート

朝 の 10時半 に コンサート が 始まりました。

「 サクソフォーンコンサート 」 です。

サックス は、ワイン でも 飲みながら 夜 の 時間 を ゆっくり と 過ごす 時 に、最高!
という イメージ が ありますが、
今日 の コンサート は、梅雨 にもかかわらず 30度 を 越す 暑い 土曜日 の 朝、
地元 の 体育館 で 行われました。

朝 から サックス ?

はーい、 朝 から 「 爽やか〜な 」 サックス でしたよ〜〜。

苫米地義久さん ( サックス ) と  石塚まみさん ( キーボード ) による
ジャズ の スタンダードナンバー、名曲、オリジナル曲 と、
いろいろなリズム、ハーモニー、そして音色を楽しみました。

苫米地(とまべち)義久さん は、東京都 の ヘブンアーティスト ( 大道芸資格 ) として
ソロ活動 を 展開中 ですが、
ジャズ系 とともに、ヒーリング系、自然派系音楽 の アルバム を 多数 出しておられます。

日本全国 を 旅して 作る 「 音楽紀行シリーズ 」 は 現在 15タイトル、
光 と 心 の 世界 を 描いた 「 Photonシリーズ 」 や
TOMA Ballads」 も 大変 好評 です。

わたし も 「 光 の 森 」 を 持っていましたが、
今日、 新たに 「 北アルプス の 星 」 を 買いました。



石塚まみさん は、国立音楽大学 の ピアノ科 を 卒業後、
現在 は ピアニスト & ボーカリスト、作曲家 として 活躍中 の 方。

ジャスピアニスト として の 腕 は なかなか のものです。
スタンダードナンバー、「 いそしぎ 」、「 エミリー 」「 スターダスト 」など、
サクソフォーン との 掛け合い で 聞かせる アドリブ も 乗り乗り で、
体全体 から ジャズ の リズム と スピリット が 溢れ出て います。

トマさん の ソプラノサックス、アルトサックス が
自然 の 風 や 空 や 星 を 見事に 表現している 時 には、

石塚さん の ピアノ ( キーボード ) も、
電子音 を 駆使 しながら、
見事 な 風景 を 描いて いきます。

まるで、自然 の 風 が 吹いて いるかのような 爽やかな 音色。


う〜〜ん、 朝 から 元気 になる 音楽、
爽やか になる 音楽、癒される 音楽 を
ぜ〜んぶ 聴かせて もらえました。

「 梅雨 の 合間 の ひとやすみ 」

という 石塚さん の オリジナル曲 が
まさに ぴったり の 暑い 土曜日 の 朝 でした。

実は、サロンコンサート にも 出演 して下さった ことのある お二人 ですが、
今回 は 地元 の 自治会主催 の 無料コンサート に
かなり の 無理 を 承知 で お願い したところ、
快く 引き受けて くださった という 次第 です。

昨年度 の 自治会役員 を 終えたばかり の 私 は、
今回 は ノータッチ。

かわって 今年 の 自治会役員 となった コンサート企画 の パートナー Kさん が
全面的 に 頑張って くれましたので、
わたし は ゆ〜っくり と お客さん させてもらいました!!

それにしても 暑かった 今日 一日、
午後 は 「 星 降る 空 に 歌う 」 トマさん の CD を 聴きながら、
暑さ を 忘れて の〜んびり 過ごしました。


 







posted by ふじりんご at 23:31| Comment(14) | TrackBack(0) | 感性を磨く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

独習チェロ道 の 哀しさ

独習チェロ道 で 練習しているため、
知らずに いたこと、
きちんと 知ろうと せずに、あいまい の まま 練習していたこと が、
多々 あります。

そんな中 で、一つ 大きな 発見 です!

先生 に ついて きちん と レッスン している 人 から すれば、
ごく 当たり前 の こと でしょう。
でも、手探り で すすむ 独習者 の わたし に とっては、

「 へえ〜〜、そういうことだったの! 」

と 新しい 発見 です。


★ 第4ポジション は、ネック の コーナー に 親指 を あてて、1 の 指 を 決めればいい、 のですね!?

★ 第4ポジション は、フラジオレット を 利用して 1 の 指 の 位置 を 探す、 のですね!?

★ フラジオレット の 音 を 頼りに、たとえば D線 で 1 の 指 の 位置 を 調整すると、この音 は、A線 の 開放弦 と 同じ音、 なのですね!?


わたしが、ポジションチェンジ を 独習した 本 には、
トップナット から 駒 まで の 長さ の1/4,1/3,1/2 の ところ に、
ばんそうこう を 貼る
という やり方 が 書いて あったのです。

昔、ヴァイオリン を 習い始め の 娘 も、
やはり 先生 から ばんそうこう を 貼って もらっていましたし。

だから、親指 の 位置確認 の ために、5mmほど の テープ を
指板裏側 の ネック部分 に 貼っていたのです。
音 を 確かめながら、全く の 自己流 で・・・。

第1ポジション から 第3ポジション の 時 の、親指 の 位置 を
その テープ で 探って いたのです。

( 世の中 の チェロ の 先生方、なんという 邪道だー と お思いでしょうか ? )

そして、第4ポジション に 関しては、 に たよって、音 を 取っていました。

慣れるしか ないのだろう と。
ひたすら 練習するしか ないのだろう と。

おかげで、第4ポジション で 弾くこと 自体 は ずいぶん と 慣れたのですが、
バシっ と 位置 を 決める よりどころ は、
ひたすら 自分 の 勘 が 頼り だったのです。

しかし、しかし、

「 ネック の コーナー に 親指 を あてて、1 の 指 を 決めればいい 」
だなんて !

「 フラジオレット という 音 を 利用して 1 の 指 の 位置 を 探す 」
だなんて !

今まで 全然 気づきませんでした!
あ〜〜 、哀しいかな、 独習チェロ です。

スズキ の 4巻、ブレヴァール の ソナタ も、マルチェロ の ソナタ も、
わたし流 の 「 ポジション探り法 」 に よって、
音 を 取っていたのです。

CD で 何度 も 聴いていれば、音 は とれます。
楽譜 に 4 とか 2 とか 指記号 が 書いてあるところ は、
その音 を 出すために 4 の 指 を 使うのだったら

「 は〜ん、第2ポジション なのだなー 」

と だいたい の 見当 を つけて、
だいたい の 勘 を たより に・・・。

こんな方法 で、よく 曲 を さらっていたものです!
我ながら 感心 してしまいます!

自己流、我流、マイペース、がむしゃら
なんでもあり です !

でも今日、★ の 発見 を しました。
これで、第4ポジション は 安定性 に 向かって、
「 がむしゃら 」 から 「 理論的 」 に
もう少し 成長 できそうです。

スズキ の 教則本 の 曲ばかり 練習して、
見て見ぬ振り を して ずっと 避けていた この本 が、
今日、あらたな ヒント を 与えてくれました。

ありがとう。鷹栖光昭先生!!






2007年06月22日

リレーブログ ということで・・・ 「 夏至 の 夜 の キャンドルナイト 」 に 参加します

このブログ は Manbouさん からの リレーブログ です。
( と、勝手 に 名前 を つけました! )

朝から あいにく の 雨。
でも、カラ梅雨 の 今、とっても 大切な 恵み の 雨 です。

そして 今日 は 「 夏至 」。
一年 で 一番 夜 の 短い この日 に、
キャンドルナイト を 実施して
CO2削減/ライトダウンキャンペーン
に 参加 します。

2005年 に 始まった クールビズ(COOL BIZ) ですが、
家庭 の 中 でも できることはやらなければ と、
私 の 意識 も 少しずつ エコ化 してきています。

もっとも、家庭 の 主婦 というものは、
特 に 子供 を 育てる 過程 では

家計 の やり繰り と 同時 に、
安全 な 食生活、
安全 な 衣生活、
安心 な 住生活、

を 多かれ少なかれ 心がけるように なりますよね。

それでも、
電気 の 使いすぎ や
水 の 使いすぎ までは、
なかなか 意識 が 行き届きません。

お料理 を するのは、すべて 電化製品 だし、
汚れた 洗濯もの や 子供 を 清潔 に 保つこと のほうが、
どちらかというと、エコライフ よりも 優先順位 が 高い からです。

それでも、クールビズ が 政府主導 とはいえ 提唱され始めてから
わたし も 意識 が 「 家庭 の 安全、安心 」 から
地球 の 安全、安心 」 へと
少しずつですが、変化 してきました。

1. 待機電力 ゼロ を 目指す
  ( 使用していない 電化製品 の コンセント は 抜いておく )
  ↓↓↓
  年間 の CO2削減効果 ( 一世帯当り ) = 約87kg

2. 買い物 で ビニール袋 は 極力 もらわない。
マイ袋 を 持参 する。
  ↓↓↓
  年間 の CO2削減効果 = 約58kg

3. 水 を 無駄使い しない。
  シャワー の 出しっぱなし、食器洗い時 の 水 の 無駄使い を しないよう 注意 する。
  ↓↓↓
  年間 の CO2削減効果 = 約65kg

参照: 衣食住 の 「 うちエコ 」

それから、
4. 生ゴミ は 出さない。堆肥 に 作り変える。
5. 緑 の カーテン を 作り ( ただいま 製作中 )、家 の 中 の 温度 を 下げる。

も 実践中 です。

平成17年 に 発効 した 京都議定書 に よると、
世界 に 約束 した 日本 の 目標 は、
温室効果ガス排出量 6% の 削減

これ を 実現するため の 国民的プロジェクト、「 チーム・マイナス6% 」 の
「 CO2削減/ライトダウンキャンペーン 」 に
Manbouさん も 昨年、参加 したそうです。

東京タワー などが 参加する 「 ブラックイルミネーション 」 も
多くの人 が 知るように なって来ました。

わたし も 今年 の 夏至 は
キャンドルナイト を 楽しんでみよう と 思います。

いつもと 違う 時間 の 流れ を 感じ、
今まで 気づかなかった 新たな 発見 が できるでしょうか。

「 闇 を 楽しむ。灯り を 楽しむ。 」
照明 を 消して、スロー な 夜 を 楽しめたら いいですね。

皆様 も、ご一緒 に ご参加 を!
それぞれ の ブログ で 呼びかけてみては、いかがでしょうか?

CO2削減/ライトダウンキャンペーン、6/22(夏至)〜6/24 に 実施!






posted by ふじりんご at 12:00| Comment(14) | TrackBack(1) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

愛犬 の 老い を 見つめて

今朝 の NHK 「 生活ほっとモーニング 」 の タイトル です。

愛犬 の 老い を 迎える人々 が とても 増えている とのこと。
飼い犬 のうち 4割以上 が、7歳以上 の 高齢犬 だそうです。

うち の Q は まだ 3歳半。
しかし、ペット は 年 を とるのが 早い。
家族 の 中 の あとで 生まれて、先に 生 を 終える、という ペットの 存在 は、
人間に、「 生きざま、老いること、死にざま」 まで 見せてくれる、教えてくれる 存在 だとか。

確かに そうだと 思います。
ペット を 飼っていない人 から 見れば、

「 なあに、あの 可愛がり方! 異常 だわ。 」

かもしれませんが、
一度 ペット と 共 に 生活 を してみると、

慈しみ、愛情、癒し、なぐさめ、・・・・。

どれだけ たくさん の こと を、
ペット から 与えて もらっていることか。

寝る場所 を 与え、
食べるもの を 与え、
という 人間サイド の ギブ に 対して、

ペット が、我々人間 に ギブ してくれているもの、
我々 が ペット から テイク しているもの が、
どれだけ 大きいことか。

中には、動物虐待 の おぞましい ニュース を 聞く 日 も ありますが、
やはり 基本的には ペット は 家族 であり、心 の 友 であり、
なくてはならない 存在
です。

そんな ワンちゃんたち も 10歳 を 過ぎると、

認知症、がん、白内障、足腰 の 故障

などが ずいぶん 多くなってきます。

大きな犬 だと、
二人がかり で 持ち上げ、
シャワー を し、
おむつ を して 排泄 の 世話 を し、
ご飯 を 食べさせる時 も からだ を 支え、
30分ごと に 体の向き を 換えて 床ずれ を 予防し・・・、
と 片時 も 目 が 離せず、
寝る時 も 添い寝 というような 介護 が 続きます。

番組 に 登場した 「 ロク 」 という レトリバー の ワンちゃん も そうでした。

我が家 で 15歳半 で 天国 へ 旅立った シェルティー も まさに そうでした。

正直 大変 です。
一日 の 休む暇 も なく、介護状態 が 3ヶ月ほど 続きました。

いずれ、介護 を 必要とする ワンちゃん が もっと 増えてきます。

そんな 年取った ワンちゃんたち の ために、
今、神戸 では 「 老齢犬 教室 」 なるもの が 開かれているとか。
上手 に 老犬 に なるため の 工夫 が たくさん 紹介されていました。

・足腰 を 鍛えるために、後ろ向き に 歩かせる 訓練。
・後ろ足 を 鍛えるために、歩きながら 後ろ足 で 障害物 を 越えさせる 訓練。
・嗅覚 を 鍛え、脳 の 活性化 のために、えさ を 隠しておいて 見つけ出させる 訓練。
・食べ過ぎないように、テニスボール を 5.6個 入れた 箱 の 中 に、えさ も 5,6個 入れて 食べにくい 環境 の 中 から、えさ を 見つけ出す 訓練。

仔犬 の 頃 の しつけ や 訓練 とは 一味 も 二味 も 違った、
老齢犬の ため の 訓練 です。

わたしは、さらに 食事 の 内容 も 気 を つけるべきだと 思います。

娘時代 に 飼っていた ネコ も、シェルティー も
とにかく 野菜 を たくさん たくさん 食べました。
今、Q の 毎日 の ご飯 は 「 野菜 たっぷり おじや 」 です。

 「 犬 に 野菜 は 必要ない 」、
と言う 獣医さん も いらっしゃいます。

しかし、野菜 を たくさん いれて、
動物性たんぱく質 は 最低限 に 抑えた 食事 を 食べていた、
我が家 の ペットたち は、16歳、15歳半 と
いずれも 病気 一つ しないで 長寿 を まっとうしました。

テレビ で 「 老い を 考える 」 という 番組 の 中 で、
野菜 を たくさん 食べさせてもらった サル と
野菜なし で 育った サル では、
見た目 でも はっきりと わかる 「 老 若 の 差 」 が 現れていましたしー。

愛犬 の 老い ―。
避けること は 出来ません が、
できれば 少しでも 先送り に したい。
いつまでも 若々しく 病気しないで 生きてほしい。

いずれは やってくる 「 死 」 を
家族 である ペット が 先 に 経験 してくれる
こと で、
自分たち の 「 死 」 を 迎える 準備、心構え も 出来る のです。

いろいろな ギブ & テイク の 中 で、
ペットから 与えてもらっていること の 多さ、豊かさ に 感謝して、

それでは、今日 も Q と 散歩 に 行ってきま〜〜す。

( 注 : 夕方、涼しくなってから )



CIMG1033.JPG





posted by ふじりんご at 14:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々折々ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

手作り 鶏ハム

だいぶ前に Manbouさん の ブログ で 興味 を 引いた お料理 が あり、
ぜひとも 作ってみよう と 思っていました。

手作り 鶏ハム 』 です。

その後、もう少し 情報 が 欲しくて ネット上 で 探していたところ、
鶏ハムくらぶ 」 なるもの の 存在 を 知り、
鶏ハム にも、さまざま な 応用編 が あること も 知りました。

基本は、

1. 鶏むね肉 に 砂糖、香辛料、塩、コショウ など を よくすりこんで ビニール袋 に 入れ
空気 を 抜き 冷蔵庫 で 丸1日 ねかせる。

2. 軽く 水洗いして 肉 を くるくるっと 巻き、ラップ で アメ の ように 包み、
沸騰した お湯 の 中 に 入れて、弱火 で 5分ほど 茹でる。

3. そのまま おなべ の 中 で 8時間 冷ませば、出来上がり。

とっても カンタン なのです!

1. に ついて、
わたしは、クレージーソルト、オレガノ、ローレル、ローズマリー、ニンニク、など を
その日 の 気分 に 合わせて 使いました。
( つまり、今まで に もう 5回 は 作っているのです )

2.に ついては、人 に よって さまざま な やり方 が あるようです。
・基本どおり、おなべ で ぐつぐつ 煮る 人。
・炊飯器 で、ご飯 を 炊くように ぐつぐつ 煮る 人。
・炊飯器 の 保温機能 を 利用する 人。

Manbouさん が 炊飯器 の 保温機能 を 利用なさっていましたし、
わたし も 水 を 使わない この方法 が 一番 後片付け も 便利、と 思いましたので、
わたし が 選んだのも、この 「 炊飯器保温 で 作る 鶏ハム 」 です。

ちなみに、炊飯器 の 保温機能 は 70℃ に 設定 してあるそうで、
ハム作り には ぴったり の 温度 だそうです。

で、カラ の 炊飯器 に、アルミ箔 で 形 を 整えた 鶏肉 を ポンっと 入れて、
保温 に セットして、出かけました!
どういうわけか、いつも 出かける時 に セット していますねぇ?!

だって、放って おいても いいわけでしょ。
1時間 セットすれば いいみたいですが、
わたし は 帰宅するまで の 3時間ぐらい 保温状態 を 保ちました。

CIMG0948.JPG
(一番上のこの写真だけは、ムネ肉ではくモモ肉で作った時のものです)  

CIMG0949.JPG

CIMG0950.JPG

出来上がり時 には、底に
ゴールデンスープ
と 言われる、美味しい スープの素 が 溜まっていますので、
これ は 大切 に ビン に 入れ 保管して、
中華スープ や チャーハンの素 として 利用しますよ。
CIMG0980.JPG

すぐに いただいても 美味しいのですが、
わたし的 には、新しい ラップ に 包みなおして、
冷蔵庫 で さらに 一日 ねかせたほう が 美味しいように 感じます。
CIMG0981.JPG


そうして、次の日、「 鶏ハム と 野菜 の サラダ 」 と なるのです!
家族 の 評判 も なかなかで、( 夫、息子、母 ) 皆、美味しい と 言ってくれます!
CIMG0998.JPG


お安くって ( 鶏ムネ肉 )、カンタンで、美味しければ、言うことなし!

娘 が 夏 に 帰ってきたら、 「 炊飯器ひとつ で できるお料理 」 と いうことで、
ぜひとも 伝授しよう と 思います!


また、応用編 の 好きな わたし としましては、

「 鶏モモ肉 」
「 豚肩ロース肉 」

でも 作ってみました。

しかし、しかし、この 「 鶏ハム 」 に 関しては、
鶏ムネ肉 が 一番 柔らかくて、一番 美味しい みたいです。
モモ肉は、少し脂肪分がありすぎ。
豚肉では、反対に なんだか ぱさぱさした感じ が 残り、少し 硬め ですしー。


今、もう少し 進んだ 応用編 として、出来上がった ハム を
今度 は 家 で スモーク してみようか と 思案中 です !!

土鍋 に ほうじ茶 を 入れて・・・。
でも わざわざ カンタン料理 を 複雑 に するのもなあー、とも 思いますしー。

このままで いいかな。




posted by ふじりんご at 23:28| Comment(20) | TrackBack(1) | 衣と食と住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。